ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-21 [ Sat ]
テーマ:震災がれき  NO.23

昨日、東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)の広域処理を巡り、伊賀南部環境衛生組合は”私も委員である同組合議会”全員協議会で、伊賀市青山地区で開いた7月1日と16日の2回について地元説明会の報告をした。

 同組合は、広域処理の安全性と県が作成した受け入れのためのガイドラインの中身について、住民自治協議会の代表者や地域住民を対象にした説明会を計2回実施。参加者からがれきの安全性や風評被害への不安、伊賀南部クリーンセンターの周辺地区と結んでいる協定書について意見が出された。

 この協定書は、「名張市と旧青山町以外のゴミを受け入れない」と規定している。がれき受け入れを巡り、住民自治協議会や地元住民らを対象にした説明会では「協定を守ってほしい」とする声が相次いでいた。この日、組合管理者の亀井市長は「焼却灰の処分施設が確定していない段階で、具体的な話はまだできない。一定の方向性が出たら、協定書のことも含めて改めて周辺5地区から個別に説明をさせてもらわないとならない」と述べ、「協定がある限り、がれきの受け入れはできない」とした。内保市長も「地域が理解してくれれば、協定の変更もありうる」とし、亀井市長は、協定変更以外の方法として、「期間限定ということで理解していただいたとしても、新たな覚書を交わす手続きが必要になる」などと述べている。

 最後に、福田議長は「この案件は、広域処理を受け入れる自治体市民の被災地に対する民度が測られている案件であり、行政のリーダーの指導力、決断力も測られている。組合議会は成熟した議論をする環境をつくっていくので、管理者も努力してほしい」と要請して終了した。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/999-c8429642

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。