ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-19 [ Thu ]
テーマ:再生可能エネルギー

1.環境省、再生可能エネルギーのポテンシャルマップを更新
 7月17日環境省は、これまで実施した再生可能エネルギーの導入ポテンシャル調査及びポテンシャルマップの精査・再推計・更新を行うとともに、これらの調査成果等をベースとして、再生可能エネルギーに関するゾーニングの基礎情報を整備した。あわせて、個別建築物等に着目した太陽光発電の導入ポテンシャル等の推計を行い、公表した。
 
 同省では、平成21年度及び平成22年度に「再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査」を実施し、わが国における再生可能エネルギー(非住宅用太陽光、風力、中小水力及び地熱)の賦存量、導入ポテンシャル及びシナリオ別導入可能量の推計を行った。また、平成21年度の調査結果のうち、風力発電、中小水力発電及び地熱発電の賦存量と導入ポテンシャルについて、都道府県ごとに地図情報として見ることができる「再生可能エネルギーポテンシャルマップ」をインターネット上に公開している。今回、これらの調査の推計精度を向上させるとともに、これまで推計を行っていなかった住宅を含む個別建築物等に着目した太陽光発電の導入ポテンシャル及びシナリオ別導入可能量の推計を実施し、これらの推計結果を基に導入ポテンシャルマップの更新を行った。

2.三重県では、太陽光発電事業化について、全量買取制度など説明するセミナーが百五銀行であった
 7月から同制度が開始され、太陽光発電設備の導入について詳しく知りたいという顧客ニーズに応えようと開催した。同発電に関する同行セミナーは初めて。

 この日は、経済産業省中部経済産業局の岡本正弘エネルギー対策課長が同制度について、またトーエネック・エコソリューション部の岩本剛部長が「同発電事業化の留意点」をテーマに講演した。

 岡本課長は、本年度の県内の場合、同発電で生じた電力の全量を一キロ㍗アワー当たり四十二円で二十年間、中部電力が買い取るが、来年度以降は買取価格は下がる可能性があると説明。一方、買取費用を国民が負担するため8月以降は電気料金が上乗せされ、一世帯月額約百円の負担増になるとした。同制度を利用するには国の認定が必要で、認定を受けるのに申請から一カ月は必要と述べた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/995-f95f35c9

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。