ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-11 [ Wed ]
テーマ:議会改革

本日の毎日新聞の朝刊に掲載されている名張市議会「質問時間の短縮案」について紹介したい。
『内容は、6月26日の議会運営委員会で、これまで認めていた副議長による一般質問をやめることが決まった。これで、質問できるのは正副議長を除く18人になった。これまで定例会ごとに3日間で3人ずつ計9人が登壇することになった。割り当てられた100分をフルに使う議員は、私を含め共産党の2人であるため、非常に少ない。「短く終えるのもテクニック」と胸を張る議員もいる。

 案として審議されているのは「90分」か「80分プラス休憩10分」案は各会派の意見がまとまらず、決定には至らなかった。他には、「60分」または「50分プラス休憩10分」とさらに持ち時間を短縮する意見も出たが、「一般質問の重み、価値がなくなる」と退けられた。

 一般質問は、議案などについて市当局の姿勢を問いただす役割が求められている。議会運営委では「何よりも一般質問で議員のあるべき姿をしっかりと市民に見せることが大事だ」「テクニックではなく、市民に分かりやすい質問を作ることも議員の役目だ」との声も出た。

 県内では、県議会が1960年代から答弁を含め「60分程度」を採用している。全国的に質問時間は短くなる傾向にあり、伊賀市議会ではこの6月議会から、これまでの60分を原則1人30分以内とした。会派に属する場合は所属議員に応じて時間を加算するが、最大60分にしている。』

 以上のよな内容であるが、明後日の議会運営委員会で決定することになっている。私の所属する会派は、明日この議案について審議して、会議に臨むようになっている。「90分」か「80分プラス休憩10分」のいずれかに決めることになるが、今回のメリットは、議員が質問に立つ時刻が現行よりもわかりやすいことや議場、ケーブルTVでの傍聴スケジュールが立てやすいことだと言うが、今より時間が短くなるということは、執行部に対しても効率のいい答弁を要求することにもなるし、議員自身の勉強も必要になってくる。

 最後に、名張市議会の議会改革によって”市民に開かれる議会を実現する”ため、市民から負託を受けた議員としての役割を向上することに精進していきたい。加えて、この2年間会派の調整の中で、毎回一般質問をさせていただいていることに感謝を申し上げたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/976-23123225

まとめtyaiました【名張市議会の議会改革「一般質問の持ち時間の見直し」】

テーマ:議会改革本日の毎日新聞の朝刊に掲載されている名張市議会「質問時間の短縮案」について紹介したい。『内容は、6月26日の議会運営委員会で、これまで認めていた副議長による...

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。