ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-03 [ Tue ]
テーマ:固定価格買い取り制度

 太陽光や風力など再生可能エネルギーを普及させる制度が、7月1日にスタートしたので報道より引用して紹介しよう。

『この制度は、再生エネで発電した電気の買い取りを電力会社に義務づける「固定価格買い取り制度」のことである。電力会社は最長20年間、最初に適用された価格で買い取りを続ける仕組み。

 買い取り価格は太陽光が1キロ・ワット時あたり42円、風力は23円などで、買い取り制度で先行するドイツの2倍前後も高い。再生エネを後押しするため、ほぼ発電業者の要望通りの価格を採用した。

 温室効果ガスを出さず、国内自給できる再生エネ普及への期待は大きい。支援策は必要だろう。

 ただし、買い取り費用は電気料金に上乗せされる。利用者の過度な負担は避けるべきだ。

 初年度は一般家庭で月87円の負担となる。この程度なら許容できる人も多いだろうが、買い取り規模の拡大につれて負担が膨らむ点に注意しなければならない。

 ドイツは近年、数度にわたって買い取り価格を下げたが、家庭の負担は月1000円を超え、国民の不満が強まっている。

 価格が下がる直前に新たな発電設備を導入する「駆け込み参入」で利益を稼ぐケースも多い。

 日本ではすでに、大手企業が相次いで大規模太陽光発電(メガソーラー)計画を進めている。価格が高いうちに、資金の豊富な企業が「先行利得」を狙った参入ラッシュが起きれば、電気料金は跳ね上がりかねない。

 海外の事例を詳細に調べ、教訓を生かすことが肝心だ。

 政府は買い取り制をいずれ見直すとしているが、できるだけ機動的に対応した方がいい。とりわけ、割高な買い取り価格の是正を、早急に検討すべきである。

 現行の制度は、企業努力などで発電コストが低下すると、買い取り価格が引き下げられ、事業者にとって不利になる仕組みだ。コスト削減の意欲をそぐという弊害も指摘されている。

 20年後など将来の発電コストの目標を定め、買い取り価格を段階的に下げる手法を取り入れてはどうか。発電効率の向上など技術開発を促す効果があるはずだ。』

まだまだ、問題が山積されている固定価格買い取り制度であるので、しっかりと見守っていきたい。

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/966-03e4b01b

まとめtyaiました【7月1日にスタートした固定価格買い取り制度について】

テーマ:固定価格買い取り制度 太陽光や風力など再生可能エネルギーを普及させる制度が、7月1日にスタートしたので報道より引用して紹介しよう。『この制度は、再生エネで発電し...

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。