ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-20 [ Wed ]
テーマ:日本のエネルギー戦略

本日の日経新聞朝刊に掲載された記事を紹介しよう!

『民間有識者でつくる財団法人「日本国際フォーラム」(伊藤憲一理事長)は18日、「グローバル化時代の日本のエネルギー戦略」と題する政策提言を発表した。15日に野田佳彦首相宛てに提出した。提言は10項目で、停止中の原子力発電所を「早急に再稼働すべきだ」と主張。日本の原発関連技術は「国際公共財だ」として、世界の原発の安全性強化に貢献するよう訴えた。また核融合炉の開発の必要性も強調。非在来型天然ガス「シェールガス」の利用や東アジア諸国への省エネ技術の移転も掲げた。

提言1 世界的なエネルギー安全保障環境づくりに能動的に取り組め
提言2 将来の「東アジア・エネルギー協力システム」形成を視野に入れよ
提言3 EPA/FTAを活用して、エネルギーの安定供給を図れ
提言4 省エネルギーの更なる意欲的な推進と世界への普及を促進せよ
提言5 米国発の「シェールガス革命」を踏まえ、天然ガス市場の国際化を進めよ
提言6 安全性の向上に最大限の努力を払いつつ、原発を有効活用せよ
提言7 わが国は、原発の安全性を高めながらこれを維持することにより、原子力の平和利用への国際貢献を続けよ
提言8 再生可能エネルギーの利用を着実に推進せよ
提言9 温室効果ガス削減のためにも原子力の平和利用に協力せよ
提言10熱核融合の実現に向けてこれまでの努力を継続、強化せよ

以上の内容は、今年の1月には作成されており、大飯原発の再稼働時に合わせった意見項目である。もちろん、原発推進を日本だけでなく、海外にも発信していこうという内容である。今、政府がエネルギー戦略を審議しており、8月には発表されると思うが、それに先だっての提言内容であることを考えると意図的だと考えざるを得ないようだ。』

 先週の毎日新聞の社説も一緒に紹介しよう。
 『日本は2020年までに、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出量を1990年比で25%削減する国際公約を掲げている。その見直しを迫る新たな排出削減の選択肢案を、中央環境審議会がまとめた。30年に原発ゼロを実現する場合は、再生可能エネルギーを最大限導入しても20年に11%削減、政府の方針通り運転開始から40年で廃炉にする場合も15%削減にとどまるという。
 
 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故を踏まえた脱原発依存の流れの中で、短期的な削減目標の見直しはやむを得まい。だが、地球温暖化対策の重要性に変わりはなく、「50年に80%削減」という長期目標を守ることは先進国としての責務だ。政府のエネルギー・環境会議は、中環審や原子力委員会などの報告を得て今夏に革新的エネルギー・環境戦略を策定するが、脱原発と長期目標の達成の両立を目指すべきだ。
 
 もちろん、長期目標の達成は容易ではない。だが、脱原発という制約の中で、戦略的で野心的な長期ビジョンを描いてこそ技術革新が起き、再生エネの導入や省エネなどの対策も進む。再生エネに熱心なドイツは福島事故後に古い原発7基を止め、22年までに全原発を停止することを決めたが、20年に90年比40%削減という目標は変えていない。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/950-81e2c40b

まとめtyaiました【日本のエネルギー戦略についての新聞報道】

テーマ:日本のエネルギー戦略本日の日経新聞朝刊に掲載された記事を紹介しよう!『民間有識者でつくる財団法人「日本国際フォーラム」(伊藤憲一理事長)は18日、「グローバル化...

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。