ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-17 [ Sun ]
テーマ:子ども部

1.子ども部創設の狙い
市長からの回答『本年4月に子ども部を新たに創設した狙いは、従来の取り組みに加え、子育ての孤立化や育児不安の解消を図るため、地域における子育て支援を充実させること、また、就学前の子どもの発達を確認し、支援を必要とする子どもを支える体制を構築すること等により、子育て・子ども支援をより一層強化していこうという強い思いを持っております。
 今後も、市民が安心して子どもを産み、育てられる環境づくりに努め、「産み育てるにやさしいまち”なばり”」の実現に向け、総合的な子育て・子ども支援に積極的にす心していく所存であります。』

2.待機児童・相談事業・子育て支援サービスの強化策についての回答
『子ども部の創設に伴い、数点のご質問をいただきましたので、順次ご回答させていただきます。

①.まず、待機児童対策は、近年、とこ働き世帯や核家族の増加に伴い、保育所の入所希望者が増加しています。特に、乳児の保育所入所については、育児休業取得後の復職や名張市の保育所受入れが可能となる満6カ月からの就労希望が多く、年度途中の入所希望者が増加しています。

 その結果、毎年4月1日現在ではゼロとなっていますが、10月1日現在では、過去5年間、毎年30名から50名程度の待機児童が発生している状況にあります。
 その要因は、国の施設最低基準に定める保育士の配置基準は、0歳児3名に対し保育士1名と、乳児保育には多くの保育士が必要であること、さらに、年度途中での新たな保育士の確保は大変難しいことがあげられます。
 これらの乳児を円滑に受け入れるために、当市では、平成23年4月から「民間保育所乳児途中入所受入円滑事業」を実施し、年度途中の入所希望者への対応として、年度当初から保育士の確保につい止めている所です。
 結果、平成23年度は、0歳で45名の年度途中の受入れを行うことができました。
 
 また、民間保育園と、待機児童スキームを作成し、定期的に連携・調整を行い、年間を通じて円滑に保育入所事務を促進しています。

②.相談業務は、とりわけ未就学児つきましては、子ども支援センターかがやきを拠点として、15円の保育施設と2園の幼稚園、および2保育所内にあるマイ保育ステーションで実施しています。

 ゆきまつ議員のご所見のとおり、15地域のすべてに保育所施設はありませんが、各地域には民生委員・児童委員がおられ、地域の相談員として様々な相談に応じていただき、内容によっては、関係機関に的確に繋いでいただいております。
 また、子ども自身の相談や、子ども発達相談、虐待相談及びDV相談については、相談者が内密に安心して相談できる環境が求められますので、当面は従来通りの相談体制となりますが、今後、内容の充実について、検討してまいりたいと考えております。

③、子育て支援サービスの充実ですが、子ども支援センターかがやきを拠点施設として、小規模型地域子育て支援センターつくしや今年度から2カ所に増えたマイ保育ステーションなどで実施しています。
 また、保育所・幼稚園でのなかよし広場や、民生委員・児童委員、子育て支援ボランティアの皆さん方のご協力で地域の広場を地区公民館などで月1~2回実施している状況です。

 さらに、3歳未満児の受入れ拡大などの保育サービスの充実や子育ての相談や親子が交流する場を提供する地域子育て支援拠点事業(マイ保育ステーション)を毎年1箇所増加していくこと、学童保育サービスの充実、保護者の働き方に関わらず、全ての子ども・子育て家庭が身近に利用できる一時預かり事業や特定保育、病児・病後児保育の推進など、家庭や地域における子育て支援の充実を図り、安心して子どもを産み、育てられる環境づくりを進めていきたいと考えております。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/944-f3908d9e

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。