FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2010-12-03 [ Fri ]
 最近読売新聞など各紙に掲載されているが、若い女性に発症例が 増えている子宮頸がんについて、国は予防ワクチン接種費用の補助に乗り出すことになった。11/29にも子宮頸がん予防などのワクチン、全額国費負担を要望するとして、九都県市首脳会議において要望書を提出した。
 内容は、東京都や埼玉県の知事などで構成する九都県市首脳会議は(座長:石原慎太郎東京都知事)22日、細川律夫厚生労働相に対し、子宮頸がん予防、ヒブおよび小児用肺炎球菌ワクチン接種を全額国費負担とすることなどを求めて要望書を提出した。同会議は東京都、埼玉県知事のほか、千葉県知事、神奈川県知事、横浜市長、川崎市長、千葉市長、さいたま市長、相模原市長が参加している。
 この病気やワクチンの理解はとんと進まず、検診の受診率も低迷したままで、先月も子宮頸がん月間であり各地でフォーラム等にて専門医や患者団体が「正しい知識を身につけることが大切」と訴えている。
 子宮頸がんは子宮の入り口にできるがん、日本では年間約1万5千人が発症、約3500人が死亡していると推計されている。性交渉により感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)が発がん因子で、性交渉がある女性の8割が、一度は感染するとされる。
 若い女性の受診率が低いことも早期発見・早期治療を訴えているが、国は昨年度から20歳から40歳までの女性に5歳刻みで検診無料券を配布しているが、今年10月現在、券の利用率は21.7%と低迷している。
 一方、昨年承認されたHPVワクチンは、12歳前後の接種が推奨されている。接種費用約5万円(3回分)は自己負担であるため、国は今年度の予算案に接種費用を助成する関連経費約340億円を盛り込んでいる。
 名張市議会でも公明党議員を中心に議会で議論を高めており、9月議会でも富田議員より質問し、「市長会でも要請し、前向きに取り組んでいきたい。女性特有のがん検診無料化の継続も、可能な限り続けたい」と執行部からの返答をもらっている。
 この12月市議会の議員提案としても予定しており、みなさまのご理解をお願いします。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/94-1f39d6ec

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR