ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-29 [ Tue ]
テーマ:名張市土地開発公社

昨日に引き続き、全員協議会の議題について報告します。

『名張市は5月28日、市土地開発公社を今年12月に解散させると、市議会全員協議会で報告した。平成25年度までの「第三セクター等改革推進債(三セク債)」制度を活用して清算するため、6月議会に公社の解散と三セク債の許可申請議案を提出する。

 同公社は市が100%出資する第三セクター。市の開発に先立って道路や公園、工業用地を先行取得してきたが、景気の低迷などで多くの土地が市に買い戻されない状態となり、2006年度には48億円分の土地が利用されないまま「塩漬け状態」となっていた。

 市は、同年度に策定した公社経営健全化計画に基づき、5年間で駅前公益施設用地や鴻之台公共施設用地、希央台公益施設用地を買い戻し、民間事業者に貸付する事業を始め、更に、滝之原工業団地の1、2号用地を売却するなどして、11年度末には8億3400万円分まで土地の保有を減少させた。

 市は、公共用地としての先行取得の必要がなくなったことから、三セク債制度で12億3700万円を起債し、公社を解散させる準備に入る。公社から比奈知ダムの土捨場や滝之原工業団地の3号用地を譲り受けるなど代物弁償などで精算するが、最終的に市が公社に残る9900万円の求償権については、議会の承認を経て放棄するという。

 求償権を放棄することについて市は「当然ながら責任はあるが、社会情勢に準拠する立場で公社を運営せざるをえなかったことを理解してほしい」と話した。』

全国いたるところで、同様の解散が進行しているが、ほんとうに大きな代償を払ったものだ。しかも、これから、まだ15年間も起債を支払っていかなくてはならないことを考えると、市に要望をしたが、早く比奈知ダム左岸土捨場や滝之原工業団地の3号用地の販売計画を議会に提出するようにお願いした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/918-ebd3c6e4

まとめtyaiました【名張市土地開発公社の解散と9900万円の権利の放棄について】

テーマ:名張市土地開発公社昨日に引き続き、全員協議会の議題について報告します。『名張市は5月28日、市土地開発公社を今年12月に解散させると、市議会全員協議会で報告した。平成

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。