ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-27 [ Sun ]
テーマ:中心市街地の活性化

今日は、津市の中心市街地の話題を紹介しよう。

『大門商店街など津市の中心市街地活性化に向けて市民らが意見を交わすオープンディスカッションの第一弾が二十五日、同市大門の津センターパレスであり、前葉市長をはじめ約五十人が議論に参加した。ディスカッションは十月までに六回実施され、市は結果を来年度以降の政策に反映させる方針。

 「中心市街地にこんなものがあったら来たくなる!」をテーマに、五十人が五つのグループに分かれて意見交換した。グループからは「話題性を持たせるために市内に馬車を走らせてはどうか」「誰のための大門かを考えて取り組みを進める必要があるのではないか」などの意見が出た。

 ディスカッション終了後、伊勢市の「伊勢銀座新道商店街」の空き店舗でシェアハウスを手掛ける「夢人舎」の牛迫さんは、「津市には日本三大観音の一つとされる津観音があると聞いた。資源をいかに有効に使うかだ」と指摘。前葉市長は「誰のための大門かという議論が自然に出てきた。受け流すことなく、ここで出てきたものを必ず形にしたい」と話している。

 ディスカッションの第二弾は来月二十九日、「今どきの若者は中心市街地に何を求める!」をテーマに開かれる。』

このような市を元気にする市民の活動が一番大事ですね!しかしながら、市民を支援する名張市においては、総合計画に掲げている”中心市街地”は、平成24年度も施策がない状態である。地域ビジョンのような総合計画の地区別計画だけでは中心市街地の活性化を実現することは不可能である。執行幹部の目を覚まさしたいものである。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/915-4ff9dbf1

まとめtyaiました【津の中心市街地活性化へ 市民ら50人議論 市長も参加 !】

テーマ:中心市街地の活性化今日は、津市の中心市街地の話題を紹介しよう。『大門商店街など津市の中心市街地活性化に向けて市民らが意見を交わすオープンディスカッションの第一弾...

 | HOME | 

2017-06

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。