ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-05-25 [ Fri ]
テーマ:自治体

東京ビッグサイトで開催されている自治体総合フェアに行ってきたので、紹介しよう。
『1.自治体総合フェア2012(主催:一般社団法人 日本経営協会 期間:2012年5月23日~2012年5月25日の3日間、場所は東京国際展示場)の会場にて開催されました。

 その中でも「活力協働まちづくりフォーラム」は、「第4回活力協働まちづくり推進団体表彰」においてグランプリを獲得した島根県邑南町、準グランプリを獲得した栃木県足利市産業観光部、優秀賞を獲得した静岡県焼津市、大分市福祉保健部大分市保健所が各プロジェクトの事例発表などを交えたパネルトークを行いました。 「第4回活力協働まちづくり推進団体表彰」は、自治体総合フェアの開催目的である「自治体経営の革新を推進するとともに、地域住民が真に豊かさを実感できる、魅力ある地域社会の実現を図ること」に貢献していると評価できるプロジェクト・活動・行事・制度・システムなどを審査し、公(行政)と民(NPO・自治会・協議会・商工会・企業・地場産業等)が協働して構築・推進したプロジェクト等を表彰しようとするもので、今年で四回目の開催となりました。

 またこのフェア2012は、「自治体経営の革新を推進し、地域住民が真に豊かさを実感できる魅力ある地域社会の実現」を目的に1997年(平成9年)に第1回目を開催し、今回で16回目の開催となります。 今回のテーマは、前回に引き続き、『明日を支える公民連携~魅力ある地域社会の実現~』を掲げ、東日本大震災からの復興への課題に対処するため、自治体の「総合力」と「地域力」の更なる推進と、公(自治体)と民(住民、企業、団体等)との「連携」について、課題解決策や最新技術の提案、実施している施策や取組などを展示・発表するほか、自治体カンファレンス・セミナーとして、記念講演・特別講演・フォーラムも開催されました。

2.財団法人地域活性化センター理事長 石田直裕氏の要点
「地域活性化の視点」というテーマで講演があり、人口減少、高齢化、医療、経済成長などを世界の中の日本という切り口でデータをもとにした講演は興味深く参考になりました。
 大前提としての総人口の減少問題。減少に転じた国民の数。2050年には三千万人減少する国、世界人口は92億人に膨張する中、中国、インドの人口増と地球環境問題。特に明治維新時の人口は3300万人、戦後の人口急増(終戦時7200万人)。近年の問題としては、物が売れない、生産者がいなくなる、社会保障制度の崩壊、コミュニティの維持困難、競争なき社会と活力低下、未婚率の上昇、29歳女性六割近く未婚と少子化。高齢者世帯が四割を超えた社会。さらに単身/独居老人世帯の増加、孤独死対策生産年齢人口の割合の低下と活力の低下が進行。東京首都圏への人口集中が加速化、地方の人口減少に拍車をかけている。
他の先進国では、首都圏集中は進んでいない。IT化進む中、日本のみの特殊傾向。

 国際比較の国民一人当たりGDPの地域間格差は第26位。
団塊世代が1063万人、団塊ジュニア971万人の人口の塊、団塊世代はバブル経済時に四十代だった。
一方でジュニアは就職氷河期に突入。
団塊世代の貯蓄動向と消費動向(バブル経済時に蓄財)三分の一が2000万円超の貯蓄あり
六十歳以上が国内消費額の44%を占める。消費市場のターゲットはシニア世代にあり。
団塊世代の地域コミュニティ への参加意識は六割が否定的であり、趣味は、一に菜園、二に料理、三に音楽への個人的嗜好強い。

 寄付の国際比較では、米国英国に比べて個人の寄付が少ない。寄付優遇制度の環境整備が必要。プロボノ 職能を生かす新たなボランティア活動 個人が持っているスキルを活用した社会参加スタイル。農業への参画の可能性、生産者と企業退職者のマッチングが必要
 地域経済の活性化と地方の借入金残高の拡大1000兆円。地方の投資的経費の縮減傾向と税財源の減少。企業誘致の推移は、製造業の海外シフトの拡大により、35兆円の生産と96万人の雇用が失われた。
企業の国内工場立地の選定要素は、労働力の確保、用地面積、誘致助成金の水準がある。
 世界は日本製品を求めている。断然な製品への信頼性は日本製品にある事実。
経済成長には、研究開発投資が必要であり、教育投資が生命線であるが、先進国で日本が断然遅れている。
 韓国・中国人の留学生増に対して、日本人はここ十年で三割減。グローバルな時代に内向きな若者世代の問題。
 世界一の水準にある日本の医療、されど医療機器が貿易の主要品目にあがっていない課題。輸出入に占める割合が低い日本、中国、韓国、欧州各国は倍の割合を占めている。
都市人口の割合が高くなっていく時代。人口の集積化の加速と経済市場。起業家精神が低い日本、先進22カ国の平均の半分程度・。

 パブリック・ディプロマシーの必要性。文化交流や広報による外交活動に注目、地域から直接世界に発信するもの。日本には人々のあらゆる要求を満足させようとする情熱が日本国内にあふれている。との英国マスコミの評価。最先端のサービスの提供を日本が発信すること。

3.まとめ
 フェアの会場内ブースでの講演は地方自治体が共有する課題をコンパクトにまとめたものであった。地方自治体があっての国であり、アジア諸国、先進諸国における日本の現状課題と将来展望については、人口減と高齢化の加速が重くのしかかり、相当な政治判断が必要なことを改めて認識させられた。

 会場内の各展示ブースは、地域活力、まちづくり、健康・福祉、災害対策、環境・エネルギーなどに別れていて、災害時援護者支援システムや高齢者見守り支援システム、また行政の窓口カウンターの刷新などが先進事例として視察。

 出展ブースも「地域活力・まちづくりエリア」「災害対策・危機管理エリア」「地域情報化・電子自治体エリア」などテーマごとに分かりやすく配置してありました。企業数はあまり多くありませんでしたが、同会場で企業立地フェアをやっており、企業誘致に積極的な自治体の取り組みのお話や、自治体支援の助成制度など有意義な視察であった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/913-d5414fc7

まとめtyaiました【行政視察報告】

テーマ:自治体東京ビッグサイトで開催されている自治体総合フェアに行ってきたので、紹介しよう。『1.自治体総合フェア2012(主催:一般社団法人 日本経営協会 期間:2012年5月23日~201...

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。