ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-21 [ Sat ]
テーマ:震災瓦礫処理No.1

 震災がれきの広域処理については、国からの協力要請に基づいて、県と県市長会、県町村会がそれぞれ連携しながら協議を続け、20日夕方に鈴木知事と市長会長の亀井名張市長と町村会長の谷口大紀町長による3者会談を開催し、合意書と覚書を締結したので、新聞報道を引用して紹介しよう。

『 【合意書と覚書に署名する亀井会長、谷口会長、鈴木知事、伊藤部長=県庁で】
 鈴木知事と県市長会会長の亀井名張市長、町村会会長の谷口大紀町長は二十日、県庁で会談し、東日本大震災で発生したがれきの広域処理について、安全性の確認などを前提に可能な市町から協力することを決めた。鈴木知事は「正式なスタートラインに立った」と述べ、事実上の受け入れを表明した。

 市長会は前日、町村会はこの日の会合で対応を協議。町村会の会合終了後、亀井、谷口の両会長が県庁で鈴木知事に結果を報告し、三者で合意書と覚書に署名した。覚書は、受け入れるがれきの放射性セシウムの濃度を一キロ当たり100_以下とする▽安全性の確保は県の責任▽焼却灰の処分先は県が国と協議して確保する―という内容。

 この後の記者会見で、鈴木知事は「県も一体となって責任を果たす」とし、市町間の調整や住民説明に関与していくと説明。一方で、具体的な受け入れ開始の時期については「現段階では申し上げられないが、スピード感を持ってやりたい」と述べるにとどめた。

 亀井会長は「広域市町をまたがって関係する。県が責任を」と県の主体的な参画をあらためて要請。谷口会長は「安全ながれきを入れていただくことは死守する」と明言した。立会人として合意書、覚書に署名した環境省廃棄物・リサイクル対策部の伊藤哲夫部長は、「環境省が責任を持って安全ながれきをお送りする」と約束した。

 県は今後、市町関係者らと意見交換しながら、安全基準や処理手順などを示すガイドラインを作成。がれき受け入れの課題解決に向け、環境を整える。また、鈴木知事と亀井、谷口の両会長は二十三日、環境省を訪れ、安全性の確保などを要望する。さらに、二十七日には宮城、岩手の両県を訪問し、村井嘉浩宮城県知事と達増拓也岩手県知事に受け入れ合意を報告するほか、がれきの仮置き場などを視察の予定。

 これを受けて、伊賀市の内保市長は4月20日、東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)の広域処理について、県と県市長会、県町村会が合意書と覚書に署名し締結したことを受け、コメントを発表した。
 
 合意書では、3者の共通認識に基づき、▽がれきの安全性確認▽住民不安の払しょく▽議会の理解など広域処理への環境整備▽がれき処理後の処理体制整備の4条件が整うのを前提に、対応できる市町から協力するとした。
 
 覚書では、「県作成のガイドラインで受け入れるがれきの放射性セシウム濃度は1キロあたり100ベクレル以下」「安全性の確保は、県が国と協議し、県の責任で対応する」「がれき焼却灰などの処分先は、県が国と協議し確保する」と書かれている。
 
 内保市長はコメントで「まずは本日の締結内容について、地域住民や議会への十分な説明と理解を頂くことが必要不可欠と考える。その後に当市の方針を定め、理解を頂いていきたいと考えている」と答えている。』
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/859-a187b13f

まとめteみた.【災害廃棄物(がれき)の広域処理対応、三重県は事実上の受け入れを表明!】

テーマ:震災瓦礫処理震災がれきの広域処理については、国からの協力要請に基づいて、県と県市長会、県町村会がそれぞれ連携しながら協議を続け、20日夕方に鈴木知事と市長会長の亀井名張市長と町村会長の谷口大紀町長による3者会談を開催し、合意書と覚書を締結したので?...

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。