ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-20 [ Fri ]
テーマ:次期衆議院選挙

私は、無所属議員ですので、支持政党はありませんので政党に属していませんが、本日の新聞を引用してこの政党について紹介しよう。

『今月の読売新聞世論調査(4月6~8日実施)によると、政党支持率は民主党17%、自民党16%で、支持政党なしの「無党派」がついに56%に達した。無党派層は過去最高水準である。
 
 政権交代直後の2009年9月調査では、民主党51%、自民党19%だったことを考えると、民主党を離れた有権者の多くは、無党派へどっと流れたものとみられる。
 
 以下、その無党派層についてみると、野田内閣の支持率は、わずか17%(全体では28%)。もはや、内閣不信任案を突き付けているに等しい。
 
 次の衆院選(比例代表選)でどこに投票するか――では、民主党は5%、自民党は11%に過ぎず、無党派層は二大政党にすっかり愛想尽かしの状態だ。
 
 今後の望ましい政権についても、64%が「政界再編による新しい枠組みの政権」を挙げた。民・自大連立論は18%にとどまっており、既成政党の枠を超えた、大がかりな政界再編への期待感が強い。
 
 それでは、民主党や自民党がともに唱える消費税率の引き上げには反対なのか。
何と無党派層の51%が、財政再建や社会保障制度を維持するためには、消費税率引き上げが「必要だ」と答えている。
 
 ところが、政府・民主党が大騒動の果て、国会に提出した消費税率引き上げ法案になると、「賛成」は30%に減ってしまう。
 
 回答者全体でも、消費税率引き上げ「必要」55%に対して、法案「賛成」35%で、大きな“落差”がある。よくみれば、引き上げ必要論者の3分の1が法案に反対しているのだ。
 野田首相は4月11日の党首討論で、消費税率引き上げ関連法案の会期内成立に「重大な決意をもって臨んでいく」と表明した。それを言うなら、首相はまず、この落差の理由を見極め、それを早急に埋めなければならない。
 
 そして何よりも、自民党・谷垣総裁の援護射撃を促すため、民主、自民両党の信頼関係構築に向けた措置を大胆に講じる必要がある。
 
 無党派層の88%は、首相が自らの政策や考えを十分に説明していないと考えている。
 「今日よりも明日が良くなる」「決断する政治」「政局ではなく大局を」といった、耳に心地よいだけで、実の伴わない言葉に、飽き足りないものを感じているのではないか。
 消費増税はすでに国民の間にかなりのコンセンサスがある。これで法案が不成立に終わるようなら、首相の責任問題にととどまらず、政党不信は決定的になる。
 
 その時、無党派層は、きたる総選挙で各政党、国会議員の心胆を寒からしめる、強烈な「1票」を投じることになるだろう。』

 私も同感である。どんな結果になるか?結果は歴然としているように思うが、いかがでしょうか・・・。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/857-b38d80df

まとめteみた.【日本の政党政治が危ない!】

テーマ:次期衆議院選挙私は、無所属議員ですので、支持政党はありませんので政党に属していませんが、よう。『今月の読売新聞世論調査(4月6~8日実施)によると、政党支持率は民主党17%、自民党16%で、支持政党なしのは過去最高水準である。政権交代直後の2009年9月調査...

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。