ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-13 [ Fri ]
テーマ:「地域福祉への貢献に向けた生活相談を考える-生活困窮者・多重債務者への相談・貸付事業の調査研究から-」

今日は、上記テーマについて研究会があったので、一部を紹介しよう。

2012 年4 月13 日(金) 13:30~16:00

 先行実施している消費者信用生協等からの要請を受けて、2010 年度日本生協連は、「生協における多重債務相談・貸付事業」について調査、研究会の設置を生協総合研究所に委託した。
生協総合研究所は、2010 年10 月から2011 年9月までに11 回の研究会と現場訪問を行い、

①現在行われている生協の相談・貸付事業に関わる現状、社会的・法的・制度的な実態調査
②生協における多重債務相談・貸付事業、組合員向けの生活相談等から見えてくる、組合員のくらしにおける問題
③生協において相談・貸付事業に取り組む目的や意義と今後の取り組みの方向性等の具体的課題について検討を重ねてきました。
 
 2011 年9 月その報告をまとめ、日本生協連に提出し、研究会の研究課題に対する結論として、「生協として生活困窮者・多重債務者相談・貸付事業に取り組むことを積極的に検討すべきである」と提案しました。この報告を受け、日本生協連理事会は、2012 年1 月の理事会で今後の取り組み方向を検討・確認しました。
生協総研では、今回の研究会の成果を広く会員に共有していただき、会員生協の生活相談機能の充実や貸付事業の研究・検討に着手いただけるようこの公開研究会を東京と名古屋会場で計画しました。
昨年開催された地域福祉研究会の報告でも、地域の中で生協の果たす役割として、「地域に見える形で日常的な相談窓口機能を設置し、日常の様々な生活課題にネットワークを活用し対応する。」ことが重点の一つとされています。

 また、「日本の生協の2020年ビジョン」アクションプラン2の地域社会づくりへの参加において、「地域社会の中で、行政やさまざまな団体と協働しながら、高齢者世代、子育て世代、障がい者世帯、外国人など、地域のニーズに応えた相談活動や支援の取り組みを広げ、安心してくらせる地域社会づくりに参加します。」とし、「生協の事業・活動のインフラを活用しながら、夕食宅配、買物支援の移動販売車、貸付事業、・・など、それぞれの地域のニーズに応えた取り組みを展開します。」など、重要な課題として掲げられています。

【プログラム】
開会あいさつ 日本生協連組織推進本部 執行役員・本部長 山内 明子委員
報告 ①「生協における多重債務・生活困窮者への相談・貸付事業の現状と課題」
重川 純子研究会座長 (埼玉大学教授)
研究会の概要報告として、この事業の必要性、地域福祉への貢献という観点から生協の果たしうる役割、事業を推進していく上での今後の課題について報告した。
②「相談・貸付事業の新たな展開と被災者支援-岩手県消費者信用生協の取り組み」
上田正委員 信用生協専務理事
貸金業法改正後の消費者信用市場の変化や相談者・組合員のくらしと相談内容の変化を踏まえ、これからの相談・貸付事業についての取り組みについて東日本大震災の被災者支援も含め報告した。
③「東京での生活サポート事業の取り組み」仮題村上彰一委員 生活クラブ東京・専務理事、生活サポート基金副理事長
東京でのこの事業の立ち上げの経過と現状を報告し、地域社会から求められている生協の役割について報告した。
④「東日本大震災という新たな困難を受けて~生協の役割発揮としての生活相談の取組みに向けて」
小澤義春委員 みやぎ生協生活文化部 部長
多重債務相談・貸付事業について、大震災があったみやぎ生協の立場からこの事業に取り組む意義を文章報告。

まとめ 公益財団法人生協総合研究所 理事・事務局長 金子隆之
○後援
地域と協同の研究センター
日本生活協同組合連合会__

特に③「東京での生活サポート事業の取り組み」については概要は、次の通り
1.一般社団法人 生活サポート基金は、「生活をリメイク」というミッションを掲げ、生活者が経済的問題などにより不安を抱えたままの生活を余儀なくされている状態から、 少しでも安心感や安堵感が得られるような生活にもう一度戻れるような支援をしていくことを事業の目標としています。
私たちは、従来の消費者金融ビジネスに代わるような事業ではなく、 あくまでも個人と向き合ったコミュニティファイナンスに徹し、 金融がもつ本来の目的である生活の維持向上に役立つような事業活動を展開していきたいと考えています。
そして、今後続出が予測されるファイナンスを受けられない方や社会的弱者といわれる方々に対して、 生活再生のための低利資金の提供、生活再生への的確な助言とその実効性を担保しうる事業体としての構築を目指しています。
この実現によって新たなコミュニティ醸成の一助となることを活動の目的としています。

一般社団法人 生活サポート基金
代表理事 藤田愛子
目 的 市民が市民を助ける仕組みを作り、社会的弱者、多重債務者等を支援することを目的とします。
事 業
1.生活再生のための生活相談事業
2.生活再生資金の貸付事業(生活再生ローン)
3.「個人再生ファンド」の運営事業
4.東京都多重債務者生活再生事業
________________________________________

生活の上での問題は、一人で悩むよりも身近な方の協力が重要です。相談員も身近な存在として、一緒になって問題解決までフォローします。
________________________________________

当基金独自で行う貸付制度で、東京都制度より金利は高くなりますが、東京都制度の対象にならない方などに対応しています。
________________________________________

多重債務者への生活再生資金の融資を行うための原資として個人再生ファンドの募集を行います。
________________________________________

東京都との提携による生活再生のための貸付事業です。借りられなくなった方に対する低利の公的セーフティネット貸付制度です。

<経緯>
2004年5月 岩手消費者信用生協(現・消費者信用生協)と同様の事業設立に向けて検討開始
2005年2月 「多重債務者は救える」フォーラムを千代田区星稜会館にて開催
2005年5月 生活クラブ生協・東京(世田谷区)の一角を借りて設立準備室を開設
2005年12月 「有限責任中間法人 生活サポート基金」を設立:基金総額500万円
2006年2月 貸金業の登録
2006年9月 貸付事業を開始。個人再生ファンド募集を開始
2007年3月 現事務所(中央区)に移転
2008年3月 東京都の多重債務者生活再生事業の相談事業を開始
2008年7月 第二種金融商品取引業の登録
2009年1月 公益法人改革に伴い法人名を「一般社団法人 生活サポート基金」に変更
2010年10月 貸付事業部を中央区築地に増設
2011年1月 神奈川事務所を増設

●多重債務の主な内容
借金の返済で困っている・・・。(金融機関、住宅ローン、会社、個人など)
家賃や税金、公共料金、学費の支払いに悩んでいる・・・。
給料が減少し、生活が苦しい・・・。
数社から借入があり、どこからも借りられない・・・。

●相談について
一般社団法人 生活サポート基金は、ご相談にいらした方のお悩みや状況に応じて、生活の再生のための方法を一緒に検討・ご提案します。
そして、融資相談だけではなく、下記のような生活上の課題や問題に対して、できるだけ相談者の解決につながるよう具体的なお手伝いをいたします。
○債務整理
•借金の整理とその方法
•債務の低利融資一本化
•ヤミ金、保証債務
○家計管理
•家計表の作成
•生計バランスの検討
○公的支援の紹介
•学費
•社会福祉協議会
•各種手当
•雇用施策
○不動産関連
•不動産の評価
•不動産の斡旋業者の紹介
•不動産の差押え及び競売
○住居移転関連
•アパート等の斡旋業者紹介
•転居にかかる費用の捻出
•引越しと残物処理
•ホームレス施設の紹介
○依存症問題
•ギャンブル、酒、買い物、薬物、借金などの依存症
○家族関連
•家庭内暴力(DV)
(経済的、精神的無視)
•家計負担の非協力
•子供の虐待、不登校、ニート
•夫婦、親子、兄弟関係
○職場に関する事
•人間関係
•勤務時間
•セクハラ
•給与の差し押さえ
•個人情報の漏洩
○契約に関する事
•契約の取り消し
•悪質商法
•業者の選別
•損害賠償
•カードトラブル
○生活保護申請
•生活保護申請の方法
•生活保護の支給金額
○相続・財産管理
•成年後見制度の利用
•相続とその手続き
○弁護士会・司法書士会等の紹介
•弁護士・司法書士の紹介
•法テラスの民事法律扶助制度の紹介
•弁護士会・法律相談センターの紹介

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/843-ffe4b035

まとめteみた.【理事をしている研究センター後援「生活困窮者・多重債務者への相談・貸付事業の調査研究から」「】

テーマ:「地域福祉への貢献に向けた生活相談を考える-生活困窮者・多重債務者への相談・貸付事業の調査研究から-」今日は、上記テーマについて研究会があったので、一部を紹介しよ0先行実施している消費者信用生協等からの要請を受けて、2010年度日本生協連は、「生協?...

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。