ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-13 [ Fri ]
テーマ:子ども相談

報道によると
『県内の子どもの約2割が「つらい気持ちになった時に相談できる友だちがいない」と感じていることが県の調査で明らかになった。つらい時に「がまんする」という子どもも2割近くおり、鈴木知事は「精神的に孤立している子どもが多いことが気がかりだ。県の子ども相談電話などを活用してほしい」と呼びかけている。

 県内の小学5年生と中学2年生、高校2年生の計6206人と、小中学生の保護者計3892人らを対象に、昨年12月~今年1月、アンケートを実施した。
 子どもへの調査では「つらい気持ちになるのはどんなときか」(複数回答可)の質問に対し、最も多かったのは「友だちと仲良くできないとき」で、「テストの点や成績が悪いとき」、「家族と仲良くできないとき」と続いた。
 つらい気持ちの解決策については、「自分で何とかしようとする」と「だれかに相談する」の合計が過半数を占めたが、18・1%は「がまんする」と回答。相談相手に関しては、18・3%が「何でも話せるような友だちがいない」とした。
 自分のことが好きかという質問に「好き」、「どちらかといえば好き」と答えた子どもは48・6%。保護者への調査では、91・8%が「(私の)子どもは自分のことが好き」または「どちらかといえば好き」と思っていると回答しており、子どもと保護者の認識の違いが浮き彫りになった。

 県はアンケートをまとめた「みえの子ども白書」を5000部、パンフレットを2万部作成し、県内の全小中高校と市町教育委員会などに配布。子どもと保護者の認識の違いなど実態を知ってもらうためのフォーラムを開催する。子どもの相談電話「こどもほっとダイヤル」は、0800・200・2555へ。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/841-128cb5d5

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。