ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-10 [ Tue ]
テーマ:幸福度

今日は、第1回みえ県民意識調査の集計結果(速報)をお知らせします
 県では、おおむね10年先を見据えた県の戦略計画である「みえ県民力ビジョン」において、『県民力でめざす「幸福実感日本一」の三重』を基本理念として掲げています。

そこで県民の皆さんが、「幸福感」についてどのような意識をお持ちか、現在の暮らしや社会の状況をどのように感じているかなどについて聞くため、「みえ県民意識調査」を実施しました。
 今回、下記及び別添のとおり、主な項目の集計結果を速報としてとりまとめました。
                記
1 調査の概要
(1)調査期間 平成24年1月19日(木)から平成24年2月16日(木)まで
(2)調査方法 三重県内に居住する20歳以上の男女10,000人に対する郵送アンケート
(3)有効回答者 5,710人(有効回答率 57.1%)
(4)調査項目 
  ・日ごろ感じている幸福感
  ・地域や社会の状況に対する実感
  ・日ごろの暮らしの実感
  ・個別のテーマ(「食の安全・安心」、「観光振興」、「地球温暖化対策」)

2 主な項目の集計結果(速報)   
(1)日ごろ感じている幸福感について
  内閣府の国民生活選好度調査の質問に準じ、10点満点で質問したところ、平均値は6.56点でした。(平成22年度の内閣府調査の平均値は6.46点)点数の分布をみると、8点が20.3%と最も高く、次いで5点が20.2%、7点が18.8%となっています。(内閣府調査では、5点(20.7%)、7点(19.9%)、8点(19.6%)の順)

(2)幸福感を判断する際に重視した事項について
  「家族関係」が67.2%と最も高く、次いで「健康状況」が65.9%、「家計の状況(所得・消費)」が57.6%となっています。(内閣府調査では、「健康状況」(65.4%)、「家族関係」(65.2%)、「家計の状況」(62.1%)の順)

(3)地域や社会の状況に対する実感について
  「みえ県民力ビジョン」に掲げる政策分野ごとの16の「幸福実感指標」に基づいて質問しました。
 「感じる」と「どちらかといえば感じる」の割合を合計した肯定的な評価は、「三重県産の農林水産物を 買いたい」が87.4%で最も高く、次いで「自分の住んでいる地域に愛着があり、今後も住み続けたい」(73.1%)、「犯罪や事故が少なく、安全に暮らせている」(58.9%)の順となりました。
  一方、「感じない」と「どちらかといえば感じない」の割合を合計した否定的な評価は、「働きたい人が仕事に就き、必要な収入を得ている」が72.7%で最も高く、次いで 「災害等の危機への備えが進んでいる」(66.5%)、「国内外に三重県の魅力が発信され、 交流が進んでいる」(64.2%)の順となりました。

(4)日ごろの暮らしの実感について 
  12項目について質問したところ、肯定的な評価では、「家族との関係」が84.2%と最も高く、「地域の住みやすさ」も80.0%と高くなっています。
  一方、否定的な評価では、「ご近所づきあいや地域での活動」が38.8%で最も高く、次いで「精神的なゆとり」が31.5%となっています。

3 その他
  性別、年代別等に細分化した結果や、個別テーマ(「食の安全・安心」、「観光振興」、
 「地球温暖化対策」)に関する結果を含む調査報告(確報)については、5月下旬頃に公表します。
  また、「地域や社会の状況に対する実感」については、県政の成果を報告する「成果レポート」にも
 記載します。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/835-29953ffe

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。