ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-27 [ Tue ]
テーマ:議会改革

 昨日、名張市議会が閉会したが、その後 同議会の議会改革検討準備委員会(永岡禎委員長)が、議会のあり方を協議するために設置する「議会改革検討会」で検討する項目などをまとめた答申を、福田博行議長に提出した。同検討会は今年8月を目途に設置される予定。

 答申書によると、検討委員会の構成メンバーは各会派から推薦された代表の議員7人、学識経験者1人、公募を原則とする市民2人を加えて協議する。議会や議員活動の「範囲・定義」をはじめ、▽議員報酬▽定数▽政務調査費▽正副議長・委員の任期▽政策立案・提言機能の強化▽監視機能の強化▽情報発信・広聴機能の充実の9項目について検討し、2013年12月を目途に議長に答申する。答申内容は条例改正などの手続きを経て14年8月の次回改選後に適用される見通し。

 準備委員会で出された意見で、議員報酬については「現行通り」の意見が多かったが「報酬以外に保障がないため、議員活動が明確になれば上げても良い」「5%から10%の削減が必要」などの意見も出た。

 また、議員定数についても「全国的に見ても非常に少ない人数なので、現行通り」との意見が多かったが、「さまざまな民意を反映させるため増やすことも考えるべき」との意見も出た。

 福田議長は「検討会は原則公開して市民に進捗状況をお見せできれば、公平公正な観点から議会のあり方について議論できるのではないか」と話した。

 市民の皆さんには、是非、公募の際には「参加」されるように期待します。

ちなみに、三重県議会のについても紹介したいが、

 県議会の調査機関「議員報酬等に関する在り方調査会」(座長・大森彌東京大学名誉教授、五人)も同日、県議会議事堂で九回目の会合を開き、政務調査費の適正額を協議した。六月に提出する最終報告では、議会費の全体像を示す中で、議員定数についても言及したいとしている。

 また、会派分と議員分の政務調査費の項目ごとの使用状況について事務局より、委員からは「会派分も議員分も常時二割ぐらい返還され、余っているから、削減してもいいのでは」との意見が出たが、大森座長は「この議論が県議会に伝わったら、頑張って全額使うかもしれない」と語り、「必要ないから使わないのか、領収書の添付やガイドラインによる制約のため使いにくいからか理解しにくい」と指摘し、この日の県議からの聞き取りで確かめたいとしている。

 六月に山本教和議長に提出する最終報告をめぐって、大森座長は「トータルで公費を議会にどう出すかの議論は当然、定数の問題にかかってきて、選挙区制度の問題になってくる」と話し、これまで触れてこなかった定数についても盛り込みたいとしている。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/813-e5807e24

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。