ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-23 [ Fri ]
テーマ:TPP

 三重県は二十一日夜、津市羽所町のアスト津で、公開セミナー「政府にきく TPP(環太平洋連携協定)で何が変わるのか」を開催。私も参加させていただきましたので一部を紹介しよう。

 約二百人が参加したこのセミナーは、政府の担当者が「貿易を自由化した場合、十年後のGDP(国内総生産)は二・七兆円底上げされる」と参加のメリットを説明したのに対し、県内の農業団体や経済団体、そして三重県生活協同組合連合会からは賛否両論の意見が出た。

 鈴木英敬知事は「TPPは、社会保障と税の一体改革や震災復興と並んで国の大きな問題だが、国民に対する説明は十分ではない。せっかくの機会なので、それぞれの立場はあると思うが、まず国でどういうことを考えているかを聞いた上で、われわれがどうやっていくかを学んでいきたい」とあいさつした。

 内閣官房の石井喜三郎内閣審議官は「TPPで関税をなくせば、貿易が盛んになり、日本の技術やブランドが守られる」とし、「経済全体では、貿易を自由化した場合、十年後のGDPは二・七兆円、0・54%底上げされる」と強調した。

 県農業協同組合中央会の奥野長衛会長は、「大部分の人が分かっていない中で、TPPの交渉の議論に入るのは反対」とし、県商工会議所連合会の西村憲一副会長は「将来の国づくりにTPPは欠かせない。一刻も早く交渉参加の決断を」と賛成の立場を表明。県生活協同組合連合会の茂木穣専務理事は「食の安全は大丈夫か」として慎重な姿勢を示した。

 その後、三重大学大学院医学系研究科の西村訓弘教授が「なぜTPPなのか」などと出席した政府の担当者に質問し、石井内閣審議官は「アメリカと二国間で貿易をするのは大変厳しいが、TPPだと多国間交渉のメリットがある」と答えた。

 今後の成り行きには、目を離せない!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/804-498ca1ac

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。