FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2012-02-19 [ Sun ]
テーマ:名張市議会

 私は、生憎海外に研修のため欠席したが、議案4点の審議をした。

議案1号
 名張市の元職員らによる市立看護専門学校の授業料着服事件で、市長と副市長の給料を減給する条例制定案と、懲戒処分の厳格化や公表基準の見直しついての条例改正案を上程した。
 市によると、減給措置は3月1日から5月31日までの3か月間で、市長は給料月額の10分の2(18万円)、副市長は給料月額の10分の1(6万9000円)を減額する。

 この事件で市はすでに、事件にかかわった男性職員を懲戒免職処分に、女性職員を半年間の停職とした他、看護学校長や同校事務局次長など上司6人を減給10分の1の懲戒処分にしている。

 
議案2号
 職員の懲戒処分の厳格化については、停職と減給期間の上限を6か月から1年にし、減給の上限を10分の1から5分の1まで引き上げる。また、処分内容の公表基準も懲戒免職処分の場合は氏名も公表できるように基準を改正する。

 なお、亀井名張市長は、2月13日に開かれた市議会全員協議会で「市民をはじめ、議員の皆さんにもご心配をおかけしたことについて、深くお詫びする」と述べている。


議案3号
①今までの経緯
 懲戒免職の取り消しを名張市に求めて訴訟中の元男性消防職員(53)が、市と和解することになった。津地裁の和解勧告に従い、元職員が訴訟を取り下げ、市が解決金約2820万円を支払う。

 市は09年2月、消火活動中に首を負傷して公務災害認定を受けた元職員=当時・消防総務室主幹=が、休職中に市外の居酒屋で飲酒を繰り返し、上司の指導に従わず虚偽報告を続けたとして懲戒免職とした。

 元職員は翌月、市公平委員会に不服申請を提出したが棄却された。11年2月に免職処分取り消しを求め、津地裁に提訴した。

 同年8月の第3回口頭弁論で、地裁は「早期に円満に終わらせることが望ましい」と和解を勧告。解決金2819万1622円は「停職6カ月」の懲戒処分を受け、職場復帰をしないまま今年3月24日に失職することを想定して算出した。退職金約1942万円、休職給と疾病手当金など計約877万円を合わせた額で、支払い期日は今月末までとなっている。

 市は13日の全員協議会で「このまま裁判を続けると(懲戒免職)処分が重すぎるとして、敗訴の可能性も考えられる。ベストでないがベターな選択だ」と勧告を受け入れる理由を説明。「懲戒免職処分の取り消しはしない」としたうえで、免職の次に重い「停職6カ月」にのっとった解決金を払うという。仮に元職員が停職明けに職場復帰し、定年まで勤めた場合、給与と退職金で計9428万円が支払われるという。

 
議案4号
 議案3の和解成立のための、支払いに関わる常備消防費2820万円の一般会計補正予算案を提出。亀井市長は「裁判所の和解勧告を尊重する」としている。元職員は弁護士を通じ「公にしてほしくない」と取材に応じていない。


以上4案は、すべて反対がなく、審議の結果、全員賛成で可決した。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/740-5cf2c2d7

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR