FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2012-02-02 [ Thu ]
テーマ:三重の医療対策

先般、ドクターヘリをブログで紹介しましたが、昨日開所式が行われた際に、三重知事より平成25年に「医療対策局の設置」の話があったので、報道を引用して紹介しよう。

『救急医療の専門医を救命救急現場に運ぶ県ドクターヘリの運航開始式が2月1日、ヘリの基地局となる津市江戸橋の三重大学医学部附属病院で開かれた。
 ドクターヘリは、同病院と2か月ごとに交代する伊勢赤十字病院(伊勢市船江)を基地局に県内全域へ35分以内に到着できる機動力を持つ。操縦士と整備士、医師と看護師4人が乗って出動し、県内約550か所の臨時着陸場で患者を乗せた救急車と合流、救命処置を行った後、基地病院や最寄りの病院に搬送する。
 式典には、県内の医療、消防関係者ら約70人が出席。同病院の竹田寛院長が「県全体の救急医療の充実に向けてがんばる。また、災害医療に向けても万全の対策を取り組んでいきたい」とあいさつした。鈴木英敬知事は「県内すべての場所に35分以内で行ける。特に離島、中山間地域での救命率の向上や早期の回復に大きく期待している」と述べた。
 県によると、運行経費は年間2億1000万円で、国と県が2分の1ずつ負担する。運行時間は午前8時30分から午後5時まで。
県のドクターヘリの運航開始式が一日、津市江戸橋二丁目の三重大学医学部付属病院であった。鈴木英敬知事をはじめ関係者ら約五十人が出席し、テープカットで導入を祝った。県内全域で、約三十五分以内に医師の初期治療を受けられると期待されている。
 続いて室内で記念式典を開いた。鈴木知事は「県民の皆さんの安心・安全にしっかりとつながっていく」と、運航開始を喜んだ。併せて、鈴木知事は平成二十五年度に、県庁内に医療対策局を設置する意向を示した。


 三重大の内田淳正学長、同大医学部付属病院の竹田寛院長、伊勢赤十字病院の村林紘二院長らもあいさつし、「救急医療体制の完備に誠心誠意を尽くす」などと述べた。ドクターヘリは先月末現在、二十六道府県で導入されている。県での運航スタートで、中部地方の全県で導入済みとなった。

 ヘリ運用に役立ててもらおうと、野村證券(東京都)、野村ヘルスケア・サポート&アドバイザリー(同)の二社が、二病院に寄付金を贈呈。竹田、村林の両院長が各百万円の目録を受け取った。ヘリには「NOMURA」のロゴステッカーが貼り付けられている。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/720-eab06bc0

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR