FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2012-02-01 [ Wed ]
テーマ:

昨日は、県議の報酬は特別職報酬等審議会から中間報告、今日は、県職員の給与に関しては、鈴木知事からの発表による新聞報道があった。好対照の結果であるが、このような結果が本当にしっかりした調査であるのか甚だ疑わしいところもありそうですが、紹介しよう。

1.県の新年度当初予算の財源不足を補うため続いていた、一般職の給与削減についての労使交渉が三十一日未明、決着した。県職員労働組合(県職労)と県教職員組合(三教組)が、一年間に限り、給与月額を平均3%削減することで了承。鈴木英敬知事が同日午前、臨時の記者会見で発表した。県は関連する条例改正案を県議会第一回定例会に提出し、四月一日からの実施を目指す。県人事委員会の勧告によらない給与カットは初めて。

 病院事業庁の医師を除く全ての一般職員、二万三千二百人が対象。月額給与の削減幅は、四千三百三十五円から一万二千七百三十八円となる。平均で月額九千八百十円、年額十一万七千七百二十円の減額。約三十二億円の捻出につながるとしている。

 会見で、鈴木知事は「この財源がないと予算編成ができない。行政サービス停滞を招くことを回避できたことは安堵(あんど)している」と述べた。また、今回の措置を「特例的、一時的」と強調し、「しっかり(職員の)モチベーションを高めたい」と語った。

 労使交渉は先月十六日から一カ月半にわたって実施。新年度当初予算編成に向けて県は五十―六十億円が不足すると試算していたが、歳出抑制で約三十二億円まで圧縮した。

 この三十日に鈴木知事が県職労の大西康文委員長、三教組の細井篤志委員長と知事室で面談し、減額幅を引き下げた平均3%の給与削減案を直接提示。翌三十一日午前六時ごろ、大西委員長から受諾の連絡が植田隆総務部長にあり、同部長から知事に電話があったという。一方、県職労は同日、登庁中の職員らに交渉受け入れのビラを配った。

 歳出の抑制は、事業の見直しや先送りを実行。鈴木知事は「聖域を設けることなく査定をして削減を図った」と説明し、新県立博物館と駐車場を結ぶ連絡橋の整備や、県営サンアリーナの大規模改修を先延ばしにすると明かした。東日本大震災の被災地支援や県内防災対策に充てるため、県は管理職の給与についても期限付きの減額を実施している。

2.県議の報酬と政務調査費の額を検討する県議会の調査機関「議員報酬等に関する在り方調査会」(座長・大森彌東京大学名誉教授、五人)は三十日、議事堂で七回目の会合を開き、山本教和議長に議員報酬額についての中間報告書を提出した。同じ公選職の知事の給料を比較対象とし、職務活動時間で比べる方式を採用。職務活動時間は知事を一とした場合、議員平均が〇・七なので、減額措置を除いた知事給与百二十八万円に〇・七を乗じて算定し、現行に比べ六・六万円増(7・95%増)の八九・六万円とした。

 議長については、これまでの正副議長への役職加算率を適用し、議員報酬八九・六万円にそれぞれ一・二三、一・〇八を乗じ、議長は現行比八・二万円増(8・04%増)の一一〇・二万円、副議長は同六・八万円(7・56%増)の九六・八万円とした。

 中間報告書「県議会議員の活動と報酬のあり方~県民の期待・信頼に応える公選職を目指して」は、「議員としての活動に専従している実状が明らかになった」とし、「専従できる条件をできるだけ整える」との方針を示している。

 公選職としての県議と知事の共通性を重視し、議員報酬を知事の給料と比較したが、知事の退職金を含めると「県民の理解を得られにくい」として知事退職金は除外した。平成二十二年九月一日から二十三年八月三十一日までの一年間の知事の公務時間三千二百八十二時間に対し、後援会活動などを除いた県議の「公的支援の対象となる活動」は二千三百十七時間で、知事の公務時間を一とすれば、議員の活動時間は〇・七一となり、知事給与の七割を議員報酬とした。

 閉会後、記者会見した大森座長は、現行額を上回る結果になったことについて、「政治的判断と思う」と述べ、県議会に扱いを委ねた。「地方自治法では議員は非常勤としているが、専念しないと議員活動はできない。大きな転換点に立っているのではないか」と報告書を位置付けた。山本議長は「全員協議会で大森先生から説明がある」としながら、議長としての感想は「差し控える」と答えた。

 同調査会は昨年六月二十八日、県議会基本条例に基づき、議決で設置。同八月六日から今年一月三十日まで七回開き、県特別職報酬等審議会の議事を調べたり、県議の活動実態アンケート調査を実施。二十人の県議から個別に議員活動の詳細を聞き取った。

 この日は、政務調査費の検討も始め、大森座長は「議員報酬は特別職報酬等審議会という第三者で決定しているが、今回は、政務調査費についても外の目を入れるきっかけになる」と話した。六月に最終報告を出す。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/718-705cf57e

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR