FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2012-01-24 [ Tue ]
テーマ:教育委員会改革

 最近、教育委員会制度のあり方が、クローズアップされている。文部科学省大臣が省内で検討すると表明し、近く中央教育審議会に検討を要請する可能性がある。

1.発端は大阪「維新の会」、教育基本条例案の条項
 この問題が、橋下市長にとどまらず、石原知事、河村市長が関心を示し始めたからである。問題の核心は、「知事が目標を設定し、その目標が達成できなければ教育委員を罷免することができる」という条項を盛り込んだ点にある。

2. 現行教育委員会制度の問題点
 教育委員会制度については、近年、さまざまな立場から問題が指摘されているが、そのうち、制度的側面に関する主な論点は以下のとおりである。
(1)教育委員
 教育委員は、その適格性とは関係なく、地方の名士が任命されることが多いといわれる。文部科学省の調査によると、都道府県教育委員のうち60歳以上の占める割合は57.1%、平均年齢は60.7歳である。職業は会社・団体等役員等管理的職業(42.9%)が最も多く、続いて教員(15.0%)、無職(14.6%)、医師等(11.6%)となっている。
 市町村教育委員については、60歳以上の占める割合は63.3%、平均年齢は61.7歳であり、職業は無職(37.0%)が最も多く、続いて会社・団体等役員等管理的職業(18.7%)となっている。全体として、高齢な地域の専門職や名士との傾向が見て取れる。

 教育委員が、非常勤・兼職で、名誉職化していることもあって、その権限の多くは教育長に委任(法第26条)され、委員会運営は教育長主導となっている。そのため、「教育委員が地域の各界各層の代表者として地域のさまざまな喫緊の教育要求や課題を集約して政策や行政運営に反映させたり、教育長・事務局の仕事をチェック・是正するようなことはできていない場合が大半である」との批判がある。

 また、教育委員会の所掌事項は、学校教育以外に、図書館、文化財、スポーツ、社会教育、青少年問題など多岐にわたっており、委員がそのすべてについて対応することは困難であるとの指摘もある。

(2)教育委員会の権限
 教育委員会は、その所管する事務を執行するための予算案や議案について権限を有していない。これが形骸化の一因であると指摘される。さらに、市町村教育委員会においては、所管する小・中学校教員の人事権もないことが形骸化に拍車をかけているとされる。

 また、教育委員会事務局は教育長によって統括されており、他の教育委員が直接教育委員会事務局に対して調査・研究等を命じることができないこと、文部科学省や都道府県教育委員会の指導等により方針が決まっているため、教育委員独自の活動が困難になっているとの指摘もある。

(3)地方公共団体の長との関係
 地方教育行政については、権限と責任の所在が曖昧であり、住民(生徒・保護者)に対し最終的な責任を負う首長に権限がないことが問題であるといわれる。

 教育委員会は、首長部局とは相対的に独立した執行機関であり、合議制の行政委員会として組織されているため、首長・首長部局との交流が少なくなったり、文部科学省や都道府県教育委員会の指導を受けやすいという一面をもっている。そのため、首長部局と一体となって教育行政を展開する場合や、自治体として独自の教育改革の取組みを推進する場合の妨げになることがあるとの指摘や、教育事務について教育委員会の会議での決定が必要とされるため、迅速な意思決定が困難であるとの指摘がある。

3.今回の問題点
 首長側に、住民によって選ばれ「民意を代表しているのに、自分たちの教育への意見が中立性の名のもとに教育委員会が抵抗して実現できない」という不信感があるというものである。

4.この問題の原因は
 公教育の視点から進められてきた教育委員会の施策や学校教育に対する住民の不信感が根底にあるからではないだろうか。
 今後、これらの不信やもどかしさが、ほんとうに「民意」を反映しているのか、そして我が国の教育の在り方として望ましいのか、冷静に判断をすることが求められているようだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/705-dc70d427

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR