ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-05 [ Thu ]
テーマ:市職員の不祥事対策

昨日の新聞報道によると、『名張市の職員2人による授業料着服事件で、名張市の亀井利克市長は1月4日、調査結果を発表した。着服したとされる総額は授業料と入学金合わせ1129万5000円に上ったことから、男性職員(39)を懲戒免職、女性職員(42)を停職6か月の処分とし、市は全容解明のため2人を刑事告訴することを決めた。

 報告によると、調査は2003年度から11年度までの過去9年間の看護専門学校在籍者延べ608人が支払った授業料と入学金を対象に実施。07年から11年までの5年間で授業料の不明金が計1087万5000円、06年から09年までの4年間で入学金の不明金が計42万円あることが分かった。男性職員が看護専門学校に所属する06年度以前については不明金が確認されなかったという。

 女性職員は、別に自ら関わった分として555万円を返した。

 また、2人からの聞き取りで、男性職員が所属していた07年から10年5月末まで授業料の一部を抜き取っていたことと、同年6月から事件発覚まで、女性職員を通じて必要な経理事務処理を経ずに授業料の一部を抜き取らせ、数回にわたり受け取っていたことが分かった。

 授業料の一部を抜き取った理由として、男性職員は「元職員が中途退学生への授業料還付金を個人で立て替えているので、元職員に返還する必要があったため」と主張。市が元職員に確認したが、授業料の立て替えや返金を求めた事実はなかったという。

 市は2人の処分に加え、市立看護専門学校の松井妙美校長や岩本信博事務局長など関係職員6人を減給10分の1(1か月)の処分とした。また、亀井市長を減給10分の2(2か月)、前田國男副市長を減給10分の1(3か月)とする処分について2月の臨時議会に提案する。

 亀井市長は「財政厳しい中、職員が一丸となって健全化に向けた取り組みを進めている最中、このような事件が起きたことは痛恨の極み」と話し、「今後このようなことが二度と起こらないよう職員に対してはコンプライアンス教育の徹底を図るとともに市民の皆様の信頼回復に向けて全力で取り組んでまいる」と述べた。』

今後、2人を刑事告訴するということになったので、その経過を見守りつつ、再発防止に全力を挙げて取り組んでいく内容について、検証するようにしたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/670-190dd735

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。