ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-04 [ Wed ]
テーマ:医療・介護の連携

 昨年から、東近江市の三方よし研究会に参加しています。そのメンバーに、N市長も入っておられるのですが、年始草々、次のような内容のお話がありましたので、その一部を紹介しよう。

『東近江市長のNです。
新年明けましておめでとうございます。

今年は、介護保険推進自治体全国サミットが東近江市で開催されます。
受け入れ自治体として、大切にしたいテーマを設定し、そのテーマに関する議論を深めいただこうと思います。

テーマの第1番は、在宅看取りです。
これは、三方よし研究会の皆さんがすでに多くの議論と実践を行っており、全国にこの研究会のシステムを認知・導入していただく大きなチャンスとも考えています。

もうひとつのテーマは、認知症。認知症患者にも介護者にも負担が少なく、患者が尊厳を持って(介護者は被介護者に尊敬の念を持って)最後まで生きられる医療や介護の提供。両親ともに認知症を伴って亡くなった西澤にとって、認知症の問題は他人事ではありません。ましてや、政治家。自己主張の強い職種。認知症になったとき、周りの人に迷惑をかけるのではないかと、いまから心配です。・・・・・・・・・・・などなど。

追記
昨年12月21日午後1時40分から、15分間ではありますが、小宮山厚生労働大臣と面会してきました。
面会の理由は、在宅看取りの東近江での取組みをご理解していただき、全国で取り組んでいただくためのプレゼンテーションを実施。
出席者は、角野滋賀県健康福祉部技監、菅原介護保険推進自治体ユニット事務局長、林久美子参議院議員(紹介者)、それと西澤が出席。厚労省からは、唐沢剛大臣官房審議官、川野大臣秘書官(元滋賀県障害福祉課長)などが同席されました。』

以上のような内容ですが、現在のNabariの状況は、まだ名張在宅医療センターが昨年立ち上がったばかりですので、東近江市のレベルまで到達するには数年かかる状況です。焦らずに、機の熟するのを待っているばかりでは何も進みません。少しでも前進するような提案をしてまいりたいと思っています。

<補足>
 平成12年に介護保険制度が施行され、我が国の高齢者福祉は、行政がサービスを決める仕組みから、利用者が自ら様々なサービスの中から良いものを選ぶ仕組みへと、大きく転換しました。また、寝たきりや長期入院を減らして、なるべく住み慣れた地域で暮らし続けることができる地域づくりの大切さが、認識されるようにもなってきました。

  こうした状況を背景に、平成12年10月に鳥取県西伯町(現南部町)の主催により第1回の介護保険推進全国サミットが開催されました。介護保険制度の諸問題について、全国からの事例発表や討議をもとに皆で今後の在り方を考え、制度と地域社会の発展に資することを目指すものでした。

  この大会は、以後、加賀市、東松山市、大牟田市、尾花沢市、遠野市、本別町、妙高市、東海村、北九州市、東浦町、そして臼杵市へと引き継がれてきました。そして、今年が、東近江市と言うことになっています。この間、平成17年には予防を柱にした介護保険制度の改正が行われ、18年の医療制度改革を経て、今、地域で暮らす人々を支えるための保健・医療・介護の連携の在り方が問い直されているようにも思われます。

  介護保険制度創設から10年を超え、介護保険サービスは国民の老後生活には欠かせない仕組みになっている一方で、着実に進む高齢化と家族や地域のつながりの希薄化により、介護ニーズはより一層高まっています。さらに、昨年3月11日には東日本大震災が起こり、多くの介護が必要な高齢者も被災し、改めて地域の絆の必要性が確信されました。誰もが高齢になっても地域で安心して暮らしていくために、はたして私たちは何をすべきなのか、改めて何からどのように始めていけば良いのか、東近江市の地に集い、皆で考えましょう。

※ 平成6年以来、遠野市、御調町(現尾道市)、大東市、佐世保市、鷹巣町(現北秋田市)、高浜市と続いてきた全国在宅ケアサミットを前身としています。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/669-1147f42a

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。