ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-25 [ Sun ]
テーマ:政府予算

1.平均的な家計
 高齢の両親の医療費はかさむ一方。給料だけではやり繰りできず、借金漬けのサラリーマン家庭、野田家はいまや破産寸前―。2012年度一般会計予算案を家計に例えると、収入に見合わない暮らしを借金で維持する破滅的な家族の事情が見えてくる。

 夫の年収は423万円だが、支出は903万円。消費者金融から年収よりも多い442万円を借り(国債発行)、37万円のへそくり(税外収入)で食いつなぐ瀬戸際の生活だ。支出が前年度比20万円減るのは保険料(年金国庫負担の一部)を長男に払わせるため。東日本大震災の義援金には次男の貯金(復興特別会計)を使う。
 危機の主因は伸び悩む年収と、年々増え続ける両親の医療費(社会保障費)にある。しかし、社長も両親も「無駄遣いするからだ」「へそくりがあるだろう」と取り付く島もない。 

2.政府の24年度予算
 政府は24日午前の臨時閣議で、一般会計総額90兆3339億円となる2012年度予算案を決めた。11年度当初(92兆4116億円)比2.2%減で、6年ぶりに前年度を下回った。東日本大震災の復興予算を特別会計に計上したほか、基礎年金国庫負担の財源の一部を一般会計に計上しない交付国債で賄っており、これら「別枠」分を合わせると実質的には過去最大で、96兆6975億円。

 新規国債発行額は、交付国債が含まれないため44兆2440億円となり、国債発行を約44兆円以下に抑えるという政府の財政健全化目標は表面上、維持した。しかし、当初予算段階で3年連続して借金が税収を上回り、借金が歳入に占める割合は49.0%と過去最悪。将来世代に負担を先送りしている構図は変わっていない。

 民主党政権発足後3回目の編成となった12年度予算案では、特別会計の積立金など「埋蔵金」が枯渇し、財源不足が一段と深刻化。世界が欧州債務危機に揺れる中、先進国で最悪水準にある日本の借金はさらに膨張した。

 予算案では、基礎年金の国庫負担割合を2分の1に維持する財源2兆5882億円に交付国債を充当。11年度も12年度と同じく年金財源を計上しなかったと仮定すると、国債費を除く一般会計の歳出(基礎的財政収支対象経費)は前年度比ほぼ横ばいの68兆3897億円。社会保障関係費は少子高齢化の進展で0.4%増の26兆3901億円。公共事業関係費は地方向け一括交付金分を含めても3.2%減。八ツ場ダムの建設継続では国費で56億円を計上した。地方交付税は1.1%減の16兆5940億円、国債費は1.8%増の21兆9442億円となった。

 歳入では、税収が3.5%増の42兆3460億円。「埋蔵金」が枯渇し、税外収入は47.9%減の3兆7439億円にとどまった。

 一方の歳出削減は、診療報酬も微増し、社会保障費は聖域のまま残るなど、大胆な切り込みはできませんでした。
 
4.民主党のマニフェスト関連の予算はどうなったのか。
 まさに、マニフェスト違反のオンパレードでした。子ども手当は6000億円の減額、高速道路無料化の予算はゼロ、そして、八ッ場ダムの工事費は復活し、国家公務員人件費の7.8%削減も実現していません。そんななか、政府は早速、消費税増税に向けた議論を始めています。今まさに、安住大臣ら閣僚らが都内のホテルに極秘に集まり、今後の段取りなどを協議している模様です。「ムダの削減」が置き去りにされたまま、消費税増税の議論だけが進んでいる現状です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/655-8c73a5da

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。