FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-12-22 [ Thu ]
テーマ:診療報酬と介護報酬

報道によると『診療報酬と介護報酬の取り扱い扱いをめぐる小宮山厚生労働相と安住財務相の折衝は21日、断続的に行われ、診療報酬と介護報酬を引き上げることで最終的に決着した。診療報酬本体と薬価・材料費を合わせた全体(ネット)での引き上げ幅は0.004%とごくわずか。小宮山厚労相は「こういう形で決着ができたのはよかった」と、記者団に胸を張ってみせた。

 同日午後4時過ぎ、小宮山厚労相は安住財務相とのこの日1回目の折衝に臨んだ。約30分後、折衝が終わるのを財務省内で待ち構えていた記者団からの質問に、「(進展は)何もありません」と数回言い残し、足早に同省を後にした。
 厚労省に戻り、取り囲んだ記者団に進展を問われても、「無いって言っているでしょう」「(21日中の折衝が)何回もあるでしょう。きっと。1回やそこらでは済まないですよ」と終始いらだった様子だった。

 2大臣の折衝が並行線をたどる中、医療関係者の間では「決着は首相裁定に持ち込まれるらしい」という噂が飛び交った。

 診療報酬と介護報酬の同時改定は原則6年に一回行われ、12年度がその年に当たる。未曽有の高齢社会の到来を目前に控え、そのための財源をどうするか―。12年度予算の編成でも、このテーマは大きな焦点になった。

 2大臣は、これまでも火花を散らせてきた。16日の閣議後の記者会見では、小宮山厚労相が「(診療報酬の)本体を切り込むということはあり得ない」と財務省側をけん制すると、安住財務相は、薬価を含む診療報酬全体でのプラス改定は「論外」と主張した。20日には両大臣が初の折衝に臨んだが、主張は終始、平行線をたどっていた。

 21日午後6時30分ごろ、小宮山厚労相はこの日2回目の折衝のため、再び財務省に到着。約20分後に同省の大臣室を出たが、「まだです。まだです。まだです」。
 同7時過ぎ、事務レベルの折衝に財務省を訪れていた厚労省幹部は、「まだ調整中」と繰り返した。
厚労省1階のロビーは報道各社の記者たちでごったがえしたが、小宮山厚労相はなかなか姿を見せなかった。藤村修官房長官を交えて再び交渉に臨むため、小宮山厚労相は休憩をはさんでそのまま首相官邸に向かったとみられる。
 同省の広報担当者も小宮山厚労相の動きを把握しきれないのか、終始、戸惑った様子で対応に追われていた。

■結果的には、「据え置きじゃない」
 小宮山厚労相が厚労省に現れたのは、午後9時前だった。
 「ただ今官房長官室で官房長官、財務大臣、私で診療報酬改定、介護報酬改定の議論を行ってまいりました。党の意見も踏まえて検討した結果、以下の改定率で合意しました。診療報酬本体プラス1.38%、ネットで0.004%プラスです。介護報酬はプラス1.2%。以上です」。
 「ほぼ据え置きということか」との記者の質問をさえぎり、小宮山厚労相は「据え置きじゃないよ。0.004%プラスですから」と、きつい口調で成果を強調した。
                     
 12年度診療報酬改定では、薬価・材料費を1.38%引き下げ、これで捻出した財源を診療報酬本体に回す。医療団体関係者の間では、今回の決着に前向きな受け止め方が目立つ。

 全日本病院協会の西澤寛俊会長は、「厳しい財政状況の中で引き上げてくれたことは、医療に力を入れていくという意思の表れ。医療提供者として責任を感じている」と話している。

 ただ、ネットでの引き上げ幅が0.004%にとどまったことには、「誤差の範囲にすぎない」という冷めた見方もある。

 診療報酬の基本方針と改定率がでそろったことで、年明け以降は中央社会保険医療協議会による具体的な点数配分が焦点になる。日本精神科病院協会の山崎學会長は、「精神科病棟入院基本料の引き上げなど精神科関連の点数をぜひ充実してもらいたい」と語る。

 医療経営コンサルタントを手掛ける「MMオフィス」(横浜市)の工藤高代表は、「点数配分はふた昔前のように、すべての医療機関に平等に配分されるのではない」と訴える。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/645-962dbb75

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR