ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-14 [ Wed ]
テーマ:職員研修

 三方よし研究会が、毎月東近江市で開催されている。この研究会に私も参加していますが、同じく参加している三重大の稲川教授が行政職員の役割についてまとめた資料がありますので、一部を紹介しよう。

(1)市の職員さんから
●地域に飛び出す公務員
・職員さんの仕事は、職場の机の上で、パソコンに向き合って、国や県の法令や通達を勉強することでないと思います。
・むしろ、市役所から外に出て、「地域で今何が起こっているか」を自分の目で見、肌で感じることではないか、と思います。
・そして、そこで、見つけた課題を、地域の人たちと、フラットな関係で、解決していこうとしてみませんか。
●リスクをとる
・最後は、幹部の皆さんに、覚悟を決めていただく必要がある場合もあるかもしれません。
・投資と同じで、ハイリスク⇒ハイリターン(=市民の利益)、ローリスク⇒ローリターンなのかもしれません。
・幹部の皆さんの待遇が良いのは、その人が人間としての価値が高いからということではなく、リスクをとるから、ということだと思います。
⇒ここも、ハイリターンでなくハイリターンなんです。

●制度は使うもの
・その課題を解決するためには、いろんなツールが使えると思います。制度もあくまで、ツールの1つなのです。
・「制度がこうなっているから」ということで、思考停止をしてしまうのは、もったいない!
・ここで、はじめて、国や県の通達を勉強し、「どうすれば、うまく抜け道をみつけて、制度をその課題解決のために使えるか」考えてほしい。⇒それは、行政職員しかできません。皆さんは、そのプロなんですから。

●下請けではない
・また、市民は行政の下請けではありません。
 ⇒行政の側が、そういう意識を持っていることは、すぐ伝わります。特に、退職サラリーマンの方などには。
・上下関係のない対等な関係ですが、同時に公務員の立場を捨てない、公務員でないとできない役割を果たさないと、宝の持ち腐れになってしまいます。
 ⇒人と人をつなぐ、行政手続きなど

●市民との協働は
・市民と一緒に取り組むためには、やはり、まざう、①危機感(課題認識)の共有、と②お互いの信頼関係の醸成が必要だと思います。
・そのためには、自分をさらけ出して、一緒に汗をかき、悩む、そういう中で、共感が生まれると思います。
⇒「心が動けば、体も動く」

●異分野の人材を繋げる
・経済学、経営学の世界では、画期的なイノベーションは、一見、関係のないものを繋げることによって起きると言われています。
・そういう、「つなぐ」仕事も、皆さんが担える部分ではないでしょうか。そのためには、アンテナを高く張っていることが必要だと思います。
・同時に、イノベーションを生むには、地域の多様性の維持がとても大切になります。
・行政だけで解決できることなど、実はほとんどないのだと思います。
・この地域で輝いている人の共通点は、「人に助けてもらうのが本当にうまい!」ということです。
・皆さんは、どういう人なら助けたいと思いますか?

●最後に、お金をもらって公共の仕事ができる幸せ 
・今、市民との協働ということが言われるようになったのは、単に、行財政の制約上の問題から、ということではありません。市民の中でも、「自分も何らかの形で公に貢献したい」という思いの方が増えているのだと思います。
・彼らからすれば、皆さんは、「お金をもらって公共の仕事ができる幸せ者!」ということかもしれません。
・だから、批判があってもへこたれず、誠実に、市民の皆さんと向き合う、そうすれば、道は開ける、と思います。
・最後に、①地域に飛び出す、②顔の見える関係を大切に、人と人を繋ぐ、③感性を磨く


名張市でも来年4月から地域15地域に3人から5人の専任担当官が地域にへばり付くことになる。上記のような考え方を持った人たちに汗をかいてもらいたいものだ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/628-a8849693

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。