FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-12-11 [ Sun ]
テーマ:文化資源

 1991年から日本推理作家協会の協力で、ミステリー講演会「なぞがたりなばり」を開催してきたが、今年度より、同作家協会の方針変更から協力を得ることができなくなり、昨年度の20回の節目で、終了しました。

 そこで、今年は、名張出身の小説家・江戸川乱歩を紹介する教養講座が17日午後2時、同市蔵持町里の市武道交流館いきいきで開かれるので紹介しよう。

 乱歩にとって名張は生後のわずかな期間しか過ごさなかった町だが、作品に登場する「路地」や「幻影」に焦点を当て、名張の町が乱歩文学に与えた影響について、皇学館大の三品理絵准教授が解説する。

 乱歩は1894年、旧名張町に生まれた。しかし、父親の転勤で1年足らずで亀山に転居し、名張で暮らした記憶はないという。

 57歳で帰郷し、1955年に名張市新町の生家跡に建てられた碑(後に移設)には「幻影城」「うつし世はゆめ よるの夢こそまこと」と自筆で刻んだ。「名張」の地名の由来は「隠れ」「こもる」という意味からとの説があり、幻想の世界こそが真という乱歩の思いに結び付くという。作品に度々登場する路地については、旧名張町の趣を残す名張地区では、狭い路地を示す「ひやわい」と呼び、現在も乱歩時代をしのばせている。

 三品准教授は、近代日本文学が専門で、名張の風情が作品に色濃く反映されている点に着目している。講座では「押絵と旅する男」「幻影の城主」などの幻想小説の一部を紹介し、作品と「記憶にないはず」の名張との不思議な関係などについて講演します。

 市議会でも生涯学習室に対して、名張の文化をもっと強化していこうと何人かの議員が質問をしており、来年度には、乱歩狂言の公演を計画しており、今後も江戸川乱歩の偉業を後世に伝えるとともに、重要な地域資源として「乱歩」の市民への発信と認知に向けて取り組んでいけるように要望していきたい。

 しかし、もっと文化資源として強化しなければならないのは、「夏見廃寺」と「藤堂家」でありますので、『選択と集中』でもってしっかりと精査していくようにします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/621-19acd851

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR