FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-10-26 [ Wed ]
テーマ:防災

1.中央防災会議、防災基本計画を大幅見直しへ< 2011年9月18日 >
 政府の中央防災会議は、国の防災対策の基礎となる「防災基本計画」について、これまでは津波対策が不十分だったとして大幅に見直すことを決めた。

●東日本大震災を受けて地震や津波対策の見直しを進めている中央防災会議の専門調査会は、防災基本計画の中で、これまで扱いの小さかった津波対策の記述を充実させることを決めた。比較的、発生頻度の高い津波と東日本大震災のような最大クラスの津波の2つのレベルを想定した上で、最大クラスの津波では、防潮堤などハード面の整備と、住民の避難につながる防災教育などを合わせた総合的な津波対策を確立するとしている。
 また、東日本大震災では、自治体職員が被災し、行政機能が低下したケースもあったため、復旧・復興に関する計画には周辺自治体からの職員の派遣を盛り込みたい考え。

●原則として5分程度で避難を完了できる街づくりを目指すべきとの意見で一致した。< 2011年9月24日 >

 最終報告に向けては、東日本大震災で避難途中に渋滞に巻き込まれて多くの人が死亡したことから、これまで原則禁止としていた自動車を使った避難方法について議論が重ねられた。しかし、地域によっては車を使わないと早く避難できない場所もあることから、自治体ごとにさらに議論を重ねることが必要との意見が出された。
 また、今後発生が予想される東海、東南海、南海地震では、地震発生後5分から10分程度で大津波が太平洋沿岸に押し寄せる可能性がある。このため、「原則として5分程度で高台や安全な避難ビルへ逃げることができる街づくりを目指すべき」と報告書に記載することで意見が一致した。

●千年に一度の巨大地震も想定< 2011年9月28日 >
東日本大震災を受けて地震・津波対策を検討している中央防災会議の専門調査会は、これまで想定していなかった1000年に一度の巨大地震も考慮に入れて想定を行うことを最終報告書に盛り込んだ。
 報告書では「東日本大震災がこれまで想定していた災害レベルと大きくかけ離れていたもので、このことが被害を大きくさせた可能性がある」と反省の必要性を述べている。その上で、古文書の分析や津波堆積物などの調査を基に、これまでは地震や津波の想定から除いてきた1000年に1回程度の巨大地震などあらゆる可能性を考慮した最大クラスの巨大地震・津波を検討していくことしている。また、津波被害を軽減するために、防災行政無線以外にも携帯電話やワンセグなどあらゆる手段を活用することを検討するとともに、沿岸地域では高い強度を持った避難ビルの建設、避難経路の整備を求めている。

 さらに、東海から四国地方の沖合にある海洋プレート「南海トラフ」でも巨大津波が発生するおそれがあると指摘していて、南海トラフ沿いで今後発生が想定される東海・東南海・南海地震では、発生後すぐに津波が到達する地域があることから5分程度で避難が完了する街づくりを目指すべきとしている。
 報告書を受け、政府は年内に、これまでほとんど津波対策に関する記述がなかった「防災基本計画」の改訂に乗り出す方針で、被害想定についても今回の被害を十分に調査分析して最大の被害が発生するケースも含めて複数の想定を検討することにしている。

2.三重県緊急地震対策行動計画(2011年10月14日)を発表
 平成23年3月11日に発生した東日本大震災を受け、発生すれば甚大な被害をもたらす最大クラスの揺れや津波を伴った地震に対応するために、全国に先駆けて「三重県緊急地震対策行動計画」を策定しました。

 「三重県緊急地震対策行動計画」では、地震から命を守るためには、避難することが最も重要になっています。こうしたことから「地震から命を守る」を最も優先すべきテーマとし、「備えるとともにまず逃げる」ことを基本方針に、津波避難、耐震化など緊急課題への対策を整理、実施することとします。(第2編の基本方針(16ページ)より抜粋)

 県民、事業者の皆様や市町とともに計画を進める事で、全ての人が最大クラスの揺れや津波に対し、確実に避難できる体制を確立します。

 ”生きるために備えてください。生きるために逃げてください。”
 
県民の皆様のご理解ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/551-d8074b01

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR