ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-10-11 [ Tue ]
テーマ:がん

 今日は、金つなぎの会 代表 広野光子さんにお目にかかりましたが、「がんを明るく前向きに語る」ことをモットーにしており、10時30分から昼飯も忘れ13時15分までお聞きしました。

 この金つなぎの会は、次のような会ですので紹介しましょう。
<金つなぎの会>
•「がんを明るく前向きに語る・金(きん)つなぎの会」は、H7年4月24日に、JR大阪駅中央コンコ-ス・噴水広場に集まった24人のがん患者たちが立ち上げた自助努力の患者会です。

 会設立に先立つH6年10月26日、産経新聞(朝刊)文化面に「金つなぎの茶碗」と題した、がん闘病コラムの連載が始まりました。作者は広野光子さん。元サンケイリビング新聞記者で、H4年に乳がん(1c期)、5年に卵巣がん(3期5か所転移)を病み、その後1年半に及ぶ抗がん治療を終えたばかりの身でした。
互いに原発巣を異にする彼女の二つのがんは多重がんの名で呼ばれ、5年生存率は限りなくゼロ%に近く、当時は余命半年を覚悟していたと言います。

 そんな広野さんとともに24人が蒔いた小さな患者会の種は、産経新聞の連載終了を待って芽吹きはじめ、伊勢新聞、毎日新聞、大阪新聞、読売新聞などの記者の皆さまやNHK、テレビ大阪、ラジオ大阪などの報道記者各位、雑誌の編集記者の方々がたっぷりの水やりを欠かさずしてくださったおかげですくすく育ち、H12年12月現在には1350人もの行動する患者会という大輪の花を咲かせています。

 しかしその一方で毎年亡くなる病友が増え、会創設5年目のH12年には、その数100人を超えた大病の患者が集うこの会には、絶えざる拡大再生産が欠かせません。つまり、現状維持では年々寂しくなるばかりの患者会ですから、恒常的な会員数の増加が不可欠なのです。そしてこの命題は、マスコミに関わる報道ジャ-ナリストの皆さまの、「いま、必要な患者会情報だから!」との、今日的な問題意識なくしては達成できませんでした。
マスコミ各社が、活字で、映像で、常に励まし続けてくださったおかげで、世紀末から新世紀にかけて、私たちは余命3か月、半年などの告知をはねのけて元気に明るく生きています。

•会の役員、お世話役(いずれもボランティアで、合言葉は「誰かのために何かの出来る幸せ!」です)
代表 広野 光子(H4年乳がん、5年卵巣がん、12年、心疾患〈狭心症、心筋症〉、甲状腺腫瘤ほか)
理事 吉原 敦子 (H6年悪性黒色腫、12年再発)
住井 エイ (気管支ぜんそく)
竹内 節子 (H7年乳がん)
久保美恵子(H3年ヘルニア、8年夫が膵臓・肝臓がん)
田村 周子 (乳がん)
中島 栄子 (S50年乳がん、H8年肺がん、10年リンパ腺腫、昨年11月に死亡)
平井喜美子(H4年乳がん)
東 充枝 (卵巣膿腫切除、胆石)
津田 光子 (S41年結核、H7年卵巣がん)
吉田 佳代 ()
市田 良子 (H8年乳がん)
砂倉 テル子()
小林紀恵子(H6年乳がん)
三永 克巳 (S54年喉頭がん)

•世界で唯一、明文化された闘病理念(金つなぎ・五つの理念)を持ち、近代医学や東洋医学の恩恵とあらゆる代替療法に自ら取り組むことで、がん(ほか難病・大病)を乗り越え、自分らしい納得できる予後を生ききる“明るく強く前向き"な患者群です。

•会のシンボルカラ-は、金つなぎピンク(明度×彩度)、シンボルフラワ-は病友に死生観を迫る桜花です。病友たちは、ピンク地に爛漫の桜花を染め抜いた揃いのハッピを“がんと戦う戦闘服"と言い、旅や各種の催しに着用して免疫力を上げています。デザインはデザイナ-の西田正義さん、制作のお世話は病友の高橋日出子さん(高橋呉服店主)が引き受けてくださいました。

•会の宝ものは、会旗、五つの理念を染め抜いた理念旗、「きっと良くなる」の色紙、四国霊場第6番温泉山安楽寺の湯殿に奉納した「癒しの陶額」(レプリカ)、第26番龍頭山金剛頂寺に奉納した「がん封じ乃椿」の碑(レプリカ)、ピンクのはっぴ、桜花散らしの封筒、会歌、癒しの童話などです。

 そして、会旗、五つの理念を染め抜いた理念旗、「きっと良くなる」の色紙、桜花散らしの専用封筒、ピンクのハッピ、四国霊場第6番温泉山安楽寺の湯殿に奉納した「癒しの陶額」(レプリカ)、第26番龍頭山金剛頂寺に奉納した「がん封じ乃椿」の碑(レプリカ)など、多彩です。

10/12追加: 病者の哲学(五つの理念)を掲げた、【自助努力・身の丈サイズのがん・難病患者買会】です。 この機会に五つの理念の紹介も追加しました。
>
> <金つなぎ・五つの理念>
>    ・同病相楽しむ
>    ・がんを恐れず侮らず
>    ・天は自ら助くるものを助く
>    ・信ずる者は 救われる
>    ・死ぬも生きるも天命のまま


以上のような内容ですが、ともかく「誰かのために何かできる幸せ」をかみ締めながら、辛かった悔しかったがん体験をバネに、同病の皆様方に元気と勇気をもらっていただくボランティアに頭が下がりました。

これからもますます「金つなぎ活動」に頑張ってください!

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: ♪ありがとうございました

> 幸松先生、こんばんは。
>
> お忙しい先生の、大切な時間を3時間も頂戴し、「名張の【がん】医療」について、貴重なご意見や実情をお教えいただき、有意義なひとときを過ごさせていただきました。 ありがとうございました。
>
> お力を得て、名張のがん・難病医療が、少しでも前に進めばうれしいですね♪ 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
>
> 金つなぎの会のご紹介を、ありがとうございます。
> 病者の哲学(五つの理念)を掲げた、【自助努力・身の丈サイズのがん・難病患者買会】です。 この機会に五つの理念の紹介を、どうぞお許しくださいませ。
>
> <金つなぎ・五つの理念>
>    同病相楽しむ
>    がんを恐れず侮らず
>    天は自ら助くるものを助く
>    信ずる者は 救われる
>    死ぬも生きるも天命のまま

広野代表へ
 早速コメントをいただきましてありがとうございます。5つの理念は私も同感です。昨日、ラジオ深夜便「こころの時代」に掲載している”がんの仲間と支え合う”を読ませていただき、改めて感動いたしました。
 今後とも『がん難病の人たち』の支えとなってください。

幸松先生、こんにちは。 金つなぎの会・広野光子です。
「金つなぎHP」に、下記のカキコが寄せられていますので、お知らせ致します。

Unknown (桔梗が丘のS)
2011-10-16 23:00:33
桔梗が丘のSと申します。ゆきまつ議員さんの、食育に関する条例、がん検診率50%目標、がん相談室の強化など、いずれも素晴らしいキーワードで、ご活躍を期待しております。
実現に向け頑張ってください。

Re: タイトルなし

> 幸松先生、こんにちは。 金つなぎの会・広野光子です。
> 「金つなぎHP」に、下記のカキコが寄せられていますので、お知らせ致します。
>
> Unknown (桔梗が丘のS)
> 2011-10-16 23:00:33
> 桔梗が丘のSと申します。ゆきまつ議員さんの、食育に関する条例、がん検診率50%目標、がん相談室の強化など、いずれも素晴らしいキーワードで、ご活躍を期待しております。
> 実現に向け頑張ってください。

広野さんへ
 コメントありがとうございます。
 任期まで「あと3年」ですが、実現に向けて、精一杯がんばりますので、ご支援よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/528-82c33865

 | HOME | 

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。