FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-10-08 [ Sat ]
テーマ:みえ県民力ビジョン

 昨日、津で「みえ県民力ビジョン(仮称)」の中間案の概要について、県より説明を受け意見交換を実施したので、その概要を紹介しよう。

1.新しい県政ビジョン「みえ県民力ビジョン(仮称)」の策定に向けて
 社会経済情勢の変化や東日本大震災の発生などによる県民ニーズの変化に適切に対応し、県民の皆さんと共に新しい三重づくりに取り組むための指針として、新しい県政ビジョンである「みえ県民力ビジョン(仮称)」を平成23年度中に策定します。また、新しい県政ビジョンを実現するための行動計画についても同時に策定します。

2.「みえ県民力ビジョン(仮称)」~新しい豊かさモデルへの挑戦~(中間案)
【みえ県民力ビジョン(仮称)《中間案》】  
 県民とは、県民との協創により新しい三重県を創っていくこととしています。一人ひとりの個人をはじめ、NPO、ボランティア、地域の団体、企業(事業所)など、新しい三重づくりに参画するさまざまな主体を総称して「県民」という言葉を使用している。 

●中間案の公表に当たって
本案は、県の長期的な戦略計画である「みえ県民力ビジョン(仮称)」(平成24年度からおおむね10年間)と、「みえ県民力ビジョン(仮称)」を着実に推進するため平成24(2012)年度から平成27(2015)年度の4年間における県政の取組である「みえ県民力ビジョン・行動計画(仮称)」を、中間案として取りまとめたものです。

<目次>
第1編 基本構想~私たちがめざすもの~
 序章 時代潮流と現状認識
第1節 世界の中の日本
・直近の20年間に生じた変化
・本格的な人口減少社会へ
第2節 東日本大震災をふまえての現状認識
第3節 三重の現状と課題
 第1章 基本理念「県民力でめざす『幸福実感日本一』の三重
第1節 私たちの置かれている状況 ~パラダイムの転換~
第2節 県民力による「協創」の三重づくりへ
 ・安全・安心への備え
 ・今ある力の発揮と新しい力の関係
 ・自立し、行動する県民(アクティブ・シチズン)へ
 ・県民による「協創」の三重づくり
第3節 新しい豊かさモデル ~「幸福実感日本一」の三重
 ・幸福の考え方の変化
 ・幸福を実感するために
 ・新しい豊かさモデル ~「幸福実感日本一」の三重をめざして

第2編 基本政策~基本理念を実現するための県政の展開~
 第1章 県政運営の基本姿勢
第1節 県民と協創するために
第2節 県民に成果を届けるために
第3節 県民の信頼をより高めるために            
 第2章 政策展開の基本方向
3つの基本方向を設定し、政策を推進します。
Ⅰ「守る」 ~命と暮らしの安全・安心を実感できるために~
 豊かな自然環境の中で、人と人、人と自然、人と自然のつながりを大切にし、命と暮らしの安全・安心が実感できる三重を目指します。

Ⅱ「創る」 ~人と地域の夢や希望を実感できるために~
 一人ひとりが個人として尊重され、個性や能力を発揮して自らの夢や希望の実現に挑戦でき、生きがいを実感できる三重をめざします。

Ⅲ「拓く」 ~強みを生かした経済の躍動を実感できるために~
 地域の資源や特性を生かし、新しい産業構造を開くことにより、多様な就業機会に恵まれた経済の躍動を実感できる三重をめざします。

 第3章 県が展開する政策の方向
  3つの柱の下に、県が展開する14の政策を位置づけています。
Ⅰ 「守る」 ~命と暮らしの安全・安心を実感できるために~
1-1安全対策
1-2生活安全対策
1-3保健・医療の充実
1-4共生の福祉社会の構築
1-5低炭素社会・循環型社会の構築
1-6自然環境の保全

Ⅱ 「創る」 ~人と地域の夢や希望を実感できるために~
2-1人権の尊重と参画・協働
2-2子育て・教育
2-3雇用と就労環境づくり
2-4文化・スポーツの振興と学びの場づくり
2-5地域づくり

Ⅲ 「拓く」 ~強みを生かした経済の躍動を実感できるために~
3-1農林水産業の振興
3-2産業振興
3-3基盤整備
 

3.【みえ県民力ビジョン・行動計画(仮称)《中間案》】  
 
 目次
 第1編 政策体系(施策編)
  Ⅰ 「守る」 ~命と暮らしの安全・安心を実感できるために~
  Ⅱ 「創る」 ~人と地域の夢や希望を実感できるために~
  Ⅲ 「拓く」 ~強みを生かした経済の躍動を実感できるために~
 第2編 選択・集中プログラム
 第3編 計画の推進
 第1章 計画の進行管理
 第2章 行政運営の取組
  Ⅰ 施策の推進を支えるために
  Ⅱ 民主的かつ公正中立な行政運営(行政委員会)
 第3章 行政経営資源の見通し

4.「みえ県民力ビジョン(仮称)」~新しい豊かさモデルへの挑戦~(中間案)に対するパブリックコメントの実施について
 「みえ県民力ビジョン(仮称)」~新しい豊かさモデルへの挑戦~(中間案)について、県民の皆さんからのご意見を、広くお聞きすることを目的に、パブリックコメントを実施しております。

以下のホームページからご意見などをお待ちしております。
三重県パブリックコメントホームページ
受付期間:平成23年9月15日(木)から平成23年10月17日(月)まで


以上のような内容であるが、詳細はホームページをご覧ください。
なお、問い合わせ先は、三重県政策部 企画室です。
電話:059-224-2025/ファックス:059-224-2069/E-mail:kikakuk@pref.mie.jp

これから10年の三重県のビジョンですので、どしどしご意見を待っていますとのことです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/524-3740ef74

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR