FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-09-25 [ Sun ]
テーマ:地域活性化

 朝、5時に名張市役所を牛汁協会他総勢約30名で出発した。途中刈谷STで朝食をとり、8時前に現地入りした。テントに着くと早速分担のチームに分かれ、てきぱきと準備を開始した。まず、特大のノボリに三重県名張名産「伊賀牛 牛汁」と書いたもので、3枚をテントに設置した。牛汁のスープは、市販のうどんつゆのしょうゆだしをベースに秘伝の調味量を加えたもので、事前に用意していたものを伊賀牛のバラ肉、ネギ、わかめの標準的な具に隠し味としてトマトを加えたものである。また、肉みそをぬった伊賀米の焼きおにぎりを最後に入れて味わってもらうようにした。私は、スープ入れ班で作業をした。
 10時からであるが、9時すぎには行列がスタートして、始まるころには数十人が並んでいる始末である。寸胴鍋で出し汁を温め、鉄板でおにぎりを焼いていく。どんどんお客さんが流れていくのがわかる。

 1杯400円。正午前には、用意していた1000食がなくなっており、「お待たせしません」「体にいい牛肉」を売り言葉に手際よくデモンストレーションをアピールしていた。開場には、亀井市長も応援に駆け付け、計2回のアピールを行った。午後のアピールには、私も応援に駆け付けた。市長は、名張の自慢を3つあげ1つは、「水」、2つ目は伊賀米」そして、「伊賀牛」と”おいしい水で育った伊賀米と伊賀牛を味わって!と声を張り上げてアピールしてくれた。

 ともかく若い人の多いことが印象的である。いつも見る高齢者ではないのがこのB級ご当地グルメのポイントである。中年のお客の方に、味はどうでしたかと聞くと「おにぎりは崩して食べるのか迷ったけれど、とてもおいしかった」、また、女子高校生の方にも「容器が持ちやすく、とってもおいいしいです」とハキハキと答えてくれた。

 何人ぐらい来ているのか。この人たちが名張に来てくれるように議員のサポートはもちろんであるが、関係者の奮闘に期待したい。

 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/506-0e50b7b0

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR