FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-09-23 [ Fri ]
テーマ:健康法

 9月20日は彼岸の入り。よく「暑さ寒さも彼岸まで」といわれますが、お彼岸は季節の変わり目、分岐点のようですね。
またこの時期は太陽が真西に沈むので、真西には極楽浄土があるという仏教説から、お彼岸と結びついたとも言われています。

 お彼岸を迎える前には、仏壇、仏具をきれいにお掃除、故人のゆかりのあるお花やお供え物を供えます。お墓も忘れずに掃除をしましょう。

 今年のお彼岸はご先祖様への感謝を思い、充実した毎日をおくれるように、自分自身を見直す良い機会にしてみてはいかがでしょう

ところで、今日の新聞を見てみると、次のような記事を見ました。”来るべき介護の日に備える”
 「臨床の現場で老老介護の現実を目の当たりにしてきた医師が、老いてなお生きることの意味を問いながら、老老介護の問題点とそのあり方などを論じた介護本。

 簡単にできたことができなくなるなどの身体的なことに始まり、家族や友人との別れ、社会からの隔絶など、年を取るとは、喪失体験と向き合うことだと指摘。その上で、「まだ社会に対してすべきことがある」と思い続けることで老老介護の困難を乗り切っていくことができると説く。

 寝たきりの78歳の妻を介護する82歳の夫など、多くのエピソードを紹介しながら、誰もが避けては通れない問題への対処を考える。」などなど本当に大変なことです。

 先日、敬老の日のあいさつで、次のようなお話をしてきました。

日野原重明先生の青春まっさかりの話です。
・60歳から 腹八部、筋力をつける
・70歳から やったことのない新しいことをはじめる、腹七部
・80歳から よく歩き、若いものに好んで接する
・90歳から 心のおもむくままに生きる、道理にたがわず
・100歳から よい友を持ち、あるがままに生きる

10月に100歳になっても2,3年後までの予定はいっぱいだそうですが、
「100歳になったら、普通の人はもういいと思うかしれんけど、私は、110歳までになにをしようかとワクワクしております。」とおっしゃられていました。

 私も、70歳までになにしようかとワクワクしよっと♪
今年1月10日の新聞で、日野原先生が「年の初めに考える」と題して、「日本がどう平和運動を実現していくか」を年頭の課題として取り上げておられます。まさか3月11日に福島原発の事故があることは想像していなったと思いますが・・・・・。

 また、先生は「新老人の会」を立ち上げられ、「世界平和の推進」を目的として活動されています。まさに老人パワーです。この力が、日本や世界に広がりる事を願っています。

 そして2020年には安保条約を無くして基地のない平和な日本実現のために、それまで元気に長生きしてください。

 先生は10年前から食事は夜のみで、朝はコーヒー、ジュース、ミルク、オリーブ油を摂取され、昼はミルクとクッキー2個だけだそうです。

 夜は茶碗半分ほどのご飯、たっぷりの野菜、それにヒレ肉か魚で1日1300キロ・カロリーに制限されています。
先生の基礎代謝が1200キロ・カロリーで、100キロ・カロリーを毎日頭脳活動と運動に使っている計算になるようです。

 日野原重明先生の健康法は、運動と粗食とご本人がおっしゃっています。そして、今の若者は食生活が豊か過ぎるから、老化が早いのではないかと危惧しておられます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/504-e3c29e97

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR