FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-09-23 [ Fri ]
テーマ:焼却炉の瑕疵問題

新日鉄エンジニアリング(東京都千代田区、羽矢惇社長、03・3275・5111)は、松江市から一般廃棄物向け「シャフト炉式ガス化溶融施設」を受注した。受注額は137億1400万円(消費税含まず)。松江市の既設の2清掃工場(南工場、北工場)の老朽化に伴う、新ゴミ処理施設の建設で受注したもの。完成は2010年3月31日。同社のシャフト炉式ガス化溶融炉の国内受注は、これが33件目となる。

 新設した施設は、処理能力が1日あたり85トンの炉を3基備え、同255トンの規模を誇る。可燃ゴミや不燃ゴミのほか、リサイクルプラ残渣、有機汚泥、漂着ゴミ、災害ゴミなどを処理できる。また、余熱を利用し、4400キロワットの発電を行う。

 ところがこの20日、4月から稼働しているごみ処理施設「エコクリーン松江」(鹿島町)で、焼却中の2号炉に穴が開き、運転を停止したと発表した。けが人や環境への影響はないという。

 市によると、職員が18日午後8時50分ごろ、2号炉から煙が出ているのを見つけた。停止して検査したところ、鋼鉄製の炉(厚さ1・2センチ)の下部に貫通した穴(縦2センチ、横1センチ)が開いていたという。
 焼却炉は「シャフト式ガス化溶融炉」という最新型で、1日に約85トンを焼却できる炉が3基ある。約1800度の高温でガラスや金属も溶かせるという。

 施設では運転期間を変えながら、2基ずつ順番に使っており、2号炉は8月下旬から連続運転していた。市は損傷した原因を調べると共に、残りの2基も不具合がないか点検している。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/503-2987fa02

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR