FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-09-16 [ Fri ]
テーマ:東紀州支援

 このたびの支援に対して、名張市職員もたくさん動員していますが、長期戦になる様相です。みえ災害ボランティア支援センターより下記のように連絡が来ていますので、よろしくお願いします。

『三重県内の災害ボランティア活動に有用と思われる情報をお送りします。

○ボランティア活動状況
 ・熊野市:熊野市社協を中心に山崎・入鹿・野口の3カ所にサテライトを設置してボランティア募集中(県内外問わず)
     http://www.k-shakyo.com/
 ・紀宝町:紀宝町社協を中心に県内外を問わずボランティア募集中
     被災地では大型バスでは入れない地域もあるため、団体ボラ・個人ボラ共に歓迎しています。
     http://kiho-shakyo.or.jp/f_top.html
     ブログ http://blog.livedoor.jp/kiho_shakyo/
 ・御浜町:活動は終了しています。

○交通機関等
JR
 熊野市駅〜新宮駅間は代行バス運行しています。
 特急ワイドビュー南紀が1日4本(下り2本 上り2本)運行しています。
  http://shinkansen.jr-central.co.jp/sep/pc/senku10/P02.html
 (現地で先遣隊として活動を希望する方は、現地のレンタカー台数が少ないため、松阪駅で下車し、そこからレンタカーを使う事をお勧めします)

 松阪~R42~熊野市 約3時間
 松阪~R42~紀宝町 約3.5時間
 熊野市の市街地から熊野市紀和町(入鹿サテライト)まで車で約30~40分
 紀宝町で被害の酷い山間部に入るまでに鵜殿の市外地から30分程度
  
宿泊
 個人の方についての宿泊は、ボラセンでは確保できておりません。
 宿泊施設については休業中のお店もありますので、観光協会等のホームページから各自確認をして下さい。
  http://www.ztv.ne.jp/web/kumanoshi-kankoukyoukai/html/kaiin/kaiin.html
 団体ボランティアについては、宿泊・仮眠場所をいくつか確保しております。
 みえ災害ボランティア支援センターにお問い合わせ下さい。

○県内外の支援検討団体へのお願い
 ★ボランティアバス等のボランティア派遣についてぜひ積極的にご検討下さい。
  現時点での三重県内の活動は「9月中」を目標にしております。
  特に「平日」でのボランティア確保が課題になっています。
  参加していただける方は、現地ボラセンに事前に申込をお願いします。
  宿泊や機材の持ち込み・専門的なニーズ対応可能など特殊な用件がある場合はみえ災害ボランティア支援センター長 山本までご一報いただけますと、受入できるようサポートさせて頂きます。

○県支援センターの取り組み
  平日を中心に県内外から参加できるボラパックを企画・運営しています。
 (東日本大震災支援のボラパックも平行して募集しています)
     http://mvsc.jp/
     台風12号特設サイト http://mvsc.jp/mie/
  幹事団体である三重県社協は、職員のブロック派遣で各市町災害ボラセンのスタッフ支援を行っています。
  その他、後方支援活動を行っています。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/489-472442d1

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR