FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-07-29 [ Fri ]
テーマ:県政ビジョン

 伊勢新聞によると、『県の新総合計画策定に向け、鈴木英敬知事と有識者らが県の政策課題などについて意見交換する「県経営戦略会議」の第一回会議(東京会場)が二十八日、東京都千代田区平河町の都道府県会館で開かれた。鈴木知事は「予定調和のない会議にしたい。『県はいらない』くらいの過激な発言があってもいい」と活発な提案を求め、委員からは「ビジョンはもういらない」などの意見が出た。

 同会議は本年度中に策定する県政の新ビジョンへ、意見を反映させることを主な狙いに設置。速水亨速水林業代表を座長に、奥田碩トヨタ自動車相談役など九委員で構成している。二十三日に四日市会場で初会合が開かれた。この日の東京会場には速水座長と加藤秀樹構想日本代表、白波瀬佐和子東大大学院教授、津谷典子慶応大経済学部教授の四人が出席した。

 鈴木知事はあいさつで、「議論の成果は十年先を見越したビジョンに反映する。すぐできるものは年度期間中の補正でも手を打つ。行政や県民自身がどういう努力をすれば、もっと明るい未来が開け、夢が持てるかをビジョンに書きたい」と意気込んだ。速水座長は「三重県がなくてもいいくらいのことを言えと、知事から挑戦的な言葉をいただいた。予定調和でない会議にしたい」と応じた。

 会議では「時代認識」と「今後の社会の展望」について意見交換。民主党政権の事業仕分けで有名な加藤氏は、「ビジョンは日本中に掃いて捨てるほどある。ビジョンをつくるのは辞めた方がいい」と忠告。その上で、「もしつくるなら三、四枚の紙でいい。役所の好きな抽象的なお題目にならないように」と促した。具体的な提言としては、「近い将来、日本の国債価格が下がる。銀行や信用金庫の貸しはがしが進み、地方企業はばたばた倒れる。それに対応するガードが必要だ」と語り、遠い将来でなく知事任期の一、二期内を見通した対応が重要だとした。

 白波瀬氏は「ビジョンは必要。ビジョンがないとどういう具体的な政策が必要か分からなくなる。まずどういう県にしたいか、リーダーが示すべきだ」と指摘し、鈴木知事に目指すべき「三重県像」を質問。鈴木知事は「大人の都合で子どもにしわ寄せがいかないように、どんな家庭に育っても、どんな学校に行ってもしっかりとした教育が受けられる県にしたい。『存在感のある県』にしたい」と強調した。』

 昨年までの一般公募による市民参加型のビジョンづくりでなく、知識人との会議で、これからの10年を見越すビジョンづくりであるだけに、会議の内容には至極満足げな知事の姿が浮かんでくる。
内容はともかく、更に今後へ期待したい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/420-4402c12d

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR