FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-06-17 [ Fri ]
テーマ:名張市議会「斎場問題」

 本日は、4人の議員が一般質問を行った。
そのうち、友好会派の「心風会」森脇和徳議員の斎場問題について、新聞報道も引用して一部を紹介しよう。

 最初の質問に立った森脇議員は名張市滝之原の斎場建設計画について指摘した。
質問の中で森脇議員は「この問題を巡り議会に対し約束した『政治生命をかけた円満解決』、『二重投資にはならない』という斎場問題の大前提が全て崩壊したと言わざるを得ない」と市長の考えを質した。

 これに対し亀井利克市長は「円満解決の会談は、具体的に進まず、4回の調整もすべて不成立に終わった。円満解決の糸口が切れたのはご理解いただきたい」、「斎場施設の早期建設のためには他の選択肢がなかった」とした上で、「牛舎地への移転計画をそのまま進めていたら、今なお出来ていなかった。斎場施設の早期建設のために位置変更したことは今も適切な判断をした」と答弁した。

 また、富永前市長との訴訟について、「男性に支払った遅延損害金を市は前市長に請求したが、認定される可能性は極めて低い」と指摘。男性との訴訟を「再三にわたって敗訴すると主張してきたとおり、市は完敗し、膨大な遅延損害金を支払った」と批判し、顧問弁護士の解任を求めた。これに対して中野総務部長は「顧問弁護士は行政訴訟に強い弁護士で全面的に信頼している」と真っ向から主張するとともに、男性との訴訟で市が控訴したことについて、「合議体である二審の判断を仰ぐべきだと考えた。顧問弁護士と十分協議し、議会の承認も得ていることから適切な判断だった」と説明している。亀井市長は、「男性との訴訟は残念な結果となったが、住民訴訟は前市長に裁量権の逸脱、乱用があったと認定された。間違った判断はしていない」と述べている。

 加えて、独自に試算した滝之原の市有地の取得に至るまで市が費やした総経費約11億2523万円をもとに「今後保安林の指定解除がされると、移転統合補助金として最高で1億3000万円の出費が予想される。経費が更にかさむがどのように対応するのか」と追及。

 田中生活環境部長は「補助金の取り扱いは保安林の指定解除が完了した後の牛舎移転が前提になっているので、解除の手続きは進めているが、これからも土地所有者や地区と協議していかなければならない」と述べた。

 森脇議員は「早い段階での処理こそ二重投資の回避につながる。これ以上の資本投下は市民の理解を得られない」と念を押した。

この問題は、市民も大いに関心を持っており、必要でない費用は「もうごめんだ」と言っている方が多い。
私も市有地の処分も含め、市民にとって一番いい選択肢をしていくつもりだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/354-abca89d3

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR