FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-05-21 [ Sat ]
テーマ:交通弱者対策

 オンデマンド交通という名前を聞いたことがありますか?
これは、東京大学が開発したシステムのことで、このオンデマンド交通システムについて説明させていただきます。
オンデマンド交通とは?
オンデマンド交通とは“ドア・トゥー・ドア”サービスを実現する新しい乗り合いタクシーのサービスです。いわゆるタクシーのようなセダンタイプから始まり、ワゴン車タイプをうまく組み合わせてサービスを行います。

 利用者は予約をしてから行います。似たような予約があれば一緒に運びます。これを、乗り合いといいます。利用者は自宅や職場から好きな場所まで好きな時間に移動できます。
システムに集まる予約を処理し、効率的な運行計画を即座に作り出します。

 パソコンや携帯電話を使える人はいつでも気軽に予約をすることができます。また、地域のオペレータに電話をしていただき電話により予約することも可能です。

●オンデマンド交通を導入する背景
 路線バスの悪循環が深刻化し、赤字補填でも経営が成り立たず、バス業者が撤退する地域が多くあります。このような交通不便地域に十数年前から「コミュニティバス」という形で対処しているところが多くあります。

 コミュニティバスの一般的な特徴として、「路線バスの頃よりもバス停が細かく(多密度に)設置されている」という点が挙げられます。地方自治体が主体となって行う過程で地域住民の声を聞く必要があるために必然的にこうなります。つまり、『どうしてA地区にはバスが止まって、私たちの地区には止まらないの?』『私の家の近くにもバス停を作って欲しい』という不満を逐一反映した結果です。その結果、コミュニティバスは利用者にとってとても不便な乗り物になります。なぜならば、バス停の数が増えれば増えるほど、一周あたりにかかる時間が長くなるからです。

 さらに、自治体の担当者の方が大変苦労をなさって、コースを設定したにも関わらず、『私の家にもバス停を!』といった細やかな不公平感は消えないという課題も残ります。
コミュニティバスによって、路線バスの悪循環が解消されている地域はめったに類を見ず、全国の99.9%のコミュニティバスが赤字運行となっている現状です。

 このような背景の下、オンデマンド交通という利用者からの利便性を高め、および運行にかかるコストを低くする事のできるオンデマンド交通が現在、注目されています。

●東大オンデマンド交通システムの仕組みと特長
 東京大学大学院が開発したオンデマンド交通システムの特長は以下の5点になります。
①運行管理側のメリット
・低コストのサーバ運営
・運行管理システムの充実

②利用者のメリット
・ドア・トゥー・ドア
・時間を守る
・時間が正確

◆ 低コストのサーバ運営
 まず、一番のメリットは低コストのサーバ運営です。
従来の方式では自治体毎にサーバシステムを購入し、そのメンテナンスに多額の費用がかかっていました。一時的に国の補助金を獲得し、サーバを購入をすることはできますが、数年後にシステムの更新料金が支払えない、サーバ保守のサービス料金を支払えないといった継続性の問題が生じています。

 現在、IT技術が進化し、世の中はクラウド・コンピューティングの時代になっております。サーバをサーバセンターで構築・管理し、自治体がサーバをもたずに運行する仕組みです。東京大学が開発したオンデマンド交通システムは、クラウド・コンピューティングを取り入れております。

後日、NTTのデマンド交通システムについて紹介しましょう。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/313-8e1c08bb

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR