FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-04-21 [ Thu ]
テーマ:東日本大震災の救援、復旧・復興

 中間支援組織NPO団体からのお誘いです。

『救援から復興へ、未来に向けて

 かつてない規模の東日本大震災の被害の状況を目の当たりにし、全国各地、各セクターにおいて懸命の救援・復旧活動がなされています。

 日本サードセクター経営者協会の東北方面の会員にもメールをしたり直接状況を聞いたりしました。NPO法人寺子屋方丈舎の江川理事長は3月16日から避難所におにぎりを届ける活動を継続され、日本冒険遊び場づくり協会の佐々木さんは子どもたちの「遊び」の場を確保しようと奔走。いわてNPO-NETサポートの菊池さんは現地
の自分たちが被災地、被災者の気持ちに寄り添いたいと、「いわて連携復興支援センター」の設立準備に走り、せんだいみやぎNPOセンターの紅邑さんは全国のNPOや団体が被災地に来てくださるが組織間の連携不足があり、その情報共有に努めてみえます。
 また、山形のNPOもがみの沼野さん、秋田のあきた市民政策支援ネットワークの安食さんたちも、それぞれ、子どもたちのこと、お年寄りのこと、地域のことなど課題をとらえ支援の活動をしてみえます。活動は今後HPへ紹介させていただきたいと思っています。
 他の地域の会員のみなさまも現地への救援活動を懸命に行い、被災者の方の受け入れのための活動をしたり、それぞれ自己完結で、目の前のことをほっておけない、そして未来を自ら切り拓く活動をしてみえます。

 復興は長期にわたると思われ、日本中が力を合わせ、復興の道を被災地のみなさまとともに歩んで行きたいと思います。
 私は国内でフロントラインのNPOのインフラ組織として活動してきました。救援活動を行ってきたものではありません。このようなNPOの活動に関わるものとしては、被災地のNPOが全国のNPOと連携し、復興の過程において有効な活動を展開することができるように後方支援することが役割だと思っています。

 未来のこどもたちのためにも、震災を忘れるのではなく、乗り越えていく。 

 原発をめぐる緊急事態から依然として脱却できないままですが、そのことへの対処と並行して、東日本大震災の未曾有のお被害からの復興への取り組みもまた緊急に開始されなければならないと思います。
その復興は、復旧ではなく、政府・行政セクター、企業セクター、サードセクターが自律し、それぞれのよさや力が発揮できる新しい社会システムの構築へと向かう必要があります。新しいシステムの模索は、東日本の復興を中心課題の一つとなるでしょう。
そのためにも、政府・行政や企業と連携しながらもNPOの活動支援をしていきたいと思います。JACEVOも準備会世話人に加わり、東日本大震災復興NPO支援全国プロジェクトの設立準備をしています。

支援者への支援を行います。

中長期的な復興の支援をするために、被災地のNPOをはじめとし復興に貢献するNPOの活動を支援していきます。


他地域の企業やNPO、寄付を集めている組織等が被災者を支援しているNPOの活動を支えることで、被災地のNPOの活動基盤が整備されていきます。それにより、被災地のNPOが現地の人々を雇用することができます。
被災地のNPOが継続的なサービス提供し、着実な復興をめざしていくことができます。


【東日本大震災復興NPO支援全国プロジェクト設立総会&支援フォーラム開催】

 この「プロジェクト」は市民が自主的に様々な主体(国、自治体、企業、労働組合等)と連携して復興支援を行うプロジェクトであり、東日本大震災発災後に、NPO・市民団体等の特性を生かした献身的な初動活動を行った被災地のNPOネットワークと連携し、復興支援に真剣に取り組むNPO・市民団体を支援するためのプロジェクトです。モノ、カネ、ヒト(専門性)などの情報を集約し、復興のための活動をするNPOのサポート体制をつくります。
 さらに、既成の枠にとらわれない自発的な市民の発意、工夫及び意思を尊重し、誰でもが希望すれば参加できる「プロジェクト」です。
「プロジェクト」は、被災地のNPO・市民団体等の意見を尊重した建設的な政策提言を政府に対し行い、復興に貢献します。
 また、市民が主体となって仮称「復興支援ファンド」の創設等を進める歴史的な「プロジェクト」でなければなりません。

設立総会&支援フォーラムにぜひご参加ください。

日時 平成23年4月24日(日) 13:00-18:00

場所 立正大学石橋湛山記念講堂(JR山手線大崎駅徒歩5分)
地図 http://www.ris.ac.jp/guidance/cam_guide/osaki.html

主催 東日本大震災・復興NPO支援全国プロジェクト準備会

共催 新しい公共をつくる市民キャビネット災害支援部会、立正大学

プログラム

【プレイベント】13:00-14:00 震災復興チャリティーコンサート

【第一部】 14:00-16:30 東日本大震災・復興NPO 支援フォーラム

1あいさつ
2開催趣旨説明
3来賓挨拶・辻元清美氏―内閣総理大臣補佐官、災害ボランティア活動担当
4東日本大震災活動報告

【活動報告者、関係者】

・市民キャビネット災害支援部会

[輸送隊、仕分け隊、募金隊、広報・カメラ隊、風呂設置隊、現地出動隊、市民航空災害支援センター]

・東日本大震災・復興NPO支援全国プロジェクト仙台事務所
・遠野まごころネット
・いわて連携復興支援センター
・NPO連携福島復興支援センター
・NPO連携仙台宮城緊急支援対策本部(ワンファミリー仙台内)
・[NPO連携]GANBARO↑MIYAGI/宮城復興支援センター
・(特)静岡県ボランティア協会

兵庫
・被災地NGO協働センター
・(特)日本災害救援ボランティアネットワーク(NVNAD)

【支援フォーラム】

未来への提言

第二部 16:45-18:00 東日本大震災・復興NPO 支援全国プロジェクト設立総会』

以上のような盛りだくさんの支援フォーラムです。時間の許す限り参加しましょう!


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/270-0c212390

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR