FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-04-08 [ Fri ]
テーマ:教育(開校式)

 本日、皇学館大学の跡に、近大高専の熊野からの移転開校式があった。
神野校長先生より、高専の経緯と名張に移転するまでの苦労話の説明があった。

1.高専の経緯(一部資料より抜粋した内容です)
 1961年に高専法は成立した。高専法の成立を受け、全国各地の自治体は高等専門学校の誘致合戦を展開、設置初年度の1962年には、国立12校が開校した。以後毎年10校前後が開校し、数年のうちにほぼ現在の学校数となった。
 高等専門学校は、主に中学校卒業程度を入学資格とし、修業年限5年間の課程のもと、主に工学・技術系の専門教育を施すことによって、実践的技術者を養成することを目的にした教育機関である。

 学年制を基本に、一般科目と専門科目をくさび形に配置し、1年次より徐々に専門教育が増えていく教育課程に特徴があり、後期中等教育機関である高校の生徒と同年代の学生(1-3年次)が在籍しているものの、(前期課程・後期課程等と)内部で分かたれることなく、この学齢の学生も含めて、高等教育を受けている。卒業生は準学士と称することができる。

 「完成教育」を標榜する教育機関であることから、5年制の課程を終えた卒業生の過半は就職を選択してきた。就職希望者に対する求人倍率は常に高校・大学を大きく上回り、就職率はほぼ100%となっている。一方、学生の進学欲求に応えるため、主に高専卒業生を受け入れ対象にする2年制の専攻科が各校に設置されている。専攻科の修了生は、大学評価・学位授与機構の審査に合格することにより、学士の学位を取得できる。高専内部では、便宜的に、5年制の課程を本科もしくは準学士課程、専攻科を学士課程と称している。本科卒業後は大学編入学、専攻科修了後は大学院進学の道もある。

 2011年4月1日現在、高等専門学校は58校あり、内訳は、国立51校、公立4校、私立3校である。
文部科学省調査によると、国公私立全高専の在学生は2009年5月1日現在、本科(5年制の課程)、専攻科及び聴講生・研究生等をあわせて5万9386人(男子5万0080人、女子9306人)、本科のみでは5万5853人(男子4万6944人、女子8909人)、専攻科のみでは3453人(男子3066人、女子387人)である。また、09年3月の本科の卒業者数は1万0474人(男子8769人、女子1705人)、うち大学編入等(専攻科を含む)の進学者は4504人、就職者は5610人、専修学校・海外の学校等の入学者は155人となっっている。

 また、2007年度の全高専の本科の入学定員は、1万0935人(国立9680人、公立760人、私立495人)、学科系別の入学定員は、機械系2205人、電気電子系3135人、情報系1770人、化学系1240人、土木建築系1480人、商船系200人、その他905人であった。

 そして、2011年3月末に熊野高専(現・近畿大学高専)は閉校し、4月8日名張に移転し開校した。

2.現況(資料より抜粋した内容です)
 15歳人口の減少、理科離れの進行、4年制大学をはじめとした高等教育機関への進学者の増加などの影響により、高等専門学校をめぐる環境は大きく変化している。受験時の志願倍率は、創設直後の高倍率を経て1970年代以降漸減を続け、21世紀に入ってからは2005年度にはじめて全高専の平均で2倍を切り(1.9倍)、08年度には1.78倍と過去最低となった。学校によっては、定員割れによって2次募集を行うところも現れている。中央教育審議会の答申「高等専門学校教育の充実について」(08年12月24日)では、志願倍率の低下によって「(入学生の)学力の幅にも広がりが出てきつつある」と指摘した。

 一方、国立高等専門学校機構・今後の高専の在り方検討小委員会「今後の国立高専の整備について(中間まとめ)」(2006年6月29日)によると、2005年春の工学系新規採用技術者約7万名に占める高専出身者の割合は、約12%(専攻科卒業者約700名と過年度の大学編入学者約3000名も含む)と推計され、前記中教審の答申においても「卒業生の高い就職率・求人倍率に見られるように、社会から高く評価」されていると記されている。公教育全体から見ればマイナーな教育機関であるため、社会一般の認知度は低いものの、工学系専門教育の分野、あるいは卒業生を受け入れている産業界においては、現状においても一定の評価を受けているものと見られる。

3.熊野から名張移転に至るまでの経緯
 すでにブログで説明済みであるが、神野校長先生によると大変ご苦労があったことがよくわかった。私立は、経営的に大変であり、今後も名張市議会、産業界、そのほか市民のサポートが必要であり、ご協力とご理解をお願いしたいと締めくくった。

4.ニュースより引用
 熊野市から移転した名張市春日丘の近畿大学工業高等専門学校(神野稔校長、608人)は4月8日、同市では初めてとなる入学式と新校舎での開学式を開き、関係者約300人が見守るなか、新たなスタートを切った。

 この日は、開学式に先立ち、市内夏見の市総合体育館で本年度入学式があり、総合システム工学科の新入生111人と同科の4年編入36人、専攻科9人が入学した。新1年生のうち、伊賀地域出身者は昨年より40人多い、48人。同校では今後、更に地元学生の増加に期待を寄せている

 その後、開学式のため同校に移動して,本館正面前で、同大学副理事長の世耕弘成参議院議員、神野稔校長、亀井利克市長、学生代表の総合システム工学科5年桑原遥香さん(19)、同前地陽介さん(19)がテープカット。sそして、体育館での開学式に移った。

 世耕副理事長が「地域のために役立つ高専にしたい」とあいさつ。神野校長は「自治体、地域住民、地元企業、小中高など産・官・学の連携を強化し、地域から愛され、信頼される学校に発展させたい」と述べた。亀井市長は「名張市をあげて歓迎の意を表する。第二の古里といってもらえるよう、全力でサポートしたい。近大高専が中部、近畿の両地域の接点で開学することは、両地域のものづくりに大きく貢献すると期待する」と祝辞を述べた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/250-8cde1053

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR