FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-03-23 [ Wed ]
テーマ:名張産業の活性化

 名張市希央台の市有地「希央台公益施設用地」へのディスカウントスーパー進出問題で、同市はスーパー進出を断念し、温浴施設「スーパー銭湯」を誘致するため京都市の株式会社晃商(新井義淳社長)と交渉していることを、3月22日の同市議会全員協議会で報告した。市は既に同社から進出の意向を確認しているという。
 市によると、同社は風呂や飲食店施設などを備えるスーパー銭湯の建設や敷地内に地場産業振興施設を併設する計画もしている。この振興施設は、農協や観光協会などの協力を受け、事業者を集める考えである。市長は、年間の賃貸借料は2400万円(月額200万円)と予定より少なくなるが、固定資産税約500万円と上水道料が約100万円などを加えるとほぼ同様の収入になると説明した。

 経過報告としては、当初、市有地にディスカウントスーパーを進出させる計画を進めていたが、名張商工会議所などから反対する意見書や要望書が相次いでいることを受け、市は、3月8日にディスカウントスーパーを手がける会社に基本協定締結の延期を依頼し、その後協議の打ち切りの意思を伝え、15日に文書で正式に断り、同社に受理されたという。

 市は、進出企業の変更について「名張地区のまちづくりや市民生活など、総合的な観点から将来の名張市を展望するとき、断念することが妥当である」と説明し、議員の意見求めた。議員からは、「市内で銭湯を経営されている人とどう話すのか」などの意見が出たが、賛成意見が多数を占めた。25日の採決で、議案第22号「財産の取得」が可決されれば、今月中に公社健全化債活用を県に申請し、9月末をめどに同社と本契約の締結作業を進める。

 この協議会のあと、市は商工会議所にも同様の説明が行われ、スーパー建設に反対していた川口会頭は、「良識ある判断をしていただいた」と話しているとのこと。

 また、晃商は、国内で飲食業やパチンコ店、カラオケ店などを手がける会社で、伊賀市久米町では、スーパー銭湯「癒しの里伊賀の湯」を手がけている。(毎日新聞、youより一部引用)

 このように今回、”悩ましい問題”として報告してきましたが、市がスーパー建設を断念するという見直しに対して、これからの問題がまだ残っている(山積み)とはいえ、25日の採決には『賛成』という判断をしていきたいと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/231-a42ce863

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR