FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-03-15 [ Tue ]
テーマ:災害

 ニュースやブログで今回の地震について、論評や感想を述べているが、同感だと思っていることがある。ある評論家の話から引用しますが、
『こういう未曾有の災害時で一番大切なのは寛容である。誰かが誰かを糾弾するような口調は厳に慎まなければならない。政府も東京電力も必死である。当たり前だ。この問題を適当にあしらってやろうなんて思っているものはいない。こんな大事な問題、ちゃっちゃとやっつけ仕事ができるわけないではないか。

 メディアはお願いだから、リスクに関して「はっきり言わないのはけしからん」とか「後手にまわっている」などと糾弾するのは止めてほしいと思う。このような場合では、メディアはいつもの糾弾口調は慎み、慎重になっていることを称賛し、苦労と心痛をねぎらうべきなのである。

読売新聞は、視察をした副大臣が「居眠りをした」と糾弾した。

 やってはいけないことだが、皆さんも何度か覚えがあるはずだ。当人は申し訳ない気持ちでいっぱいなのだが、「貴方も疲れてるんだね、無理しないでよ」と言われれば労われて救われることだろう。

 ぎりぎりのところで身も心もぼろぼろになって尽力している人にかけるべきは罵倒ではない。労いである。どうかあいまいさを許容し、寛容な心で、みなが協力して同じ方向を向いてほしいと願っている。

 これだけの規模の災害で、暴動も起きず、略奪も起きず、貧富によって救助のされ方が違うなんてことは想像すらされず、ある先生が例示したみたいに、人の不幸を踏み台にして悪質なビジネスも(少なくとも公然とは)行われない・・・・。規律と善意と寛容な心を持って団結できている日本という国は本当にすごいと思う。自然の力はものすごい、と感じ入る一方、関東大震災の時より遥に大きな地震でも多くのビルはびくともしなかった。たしかに自然の力はあまりにも巨大だが、この100年あまりの間に、人間も飛躍的に進歩したのだ。人の力にも驚嘆している。』
 
 今日、市議会の議会運営委員会が臨時に開催され、義援金を各議員1万円を支援することになった。額は、小さいがまずは一歩を踏み出したということである。これからの状況で、いろいろな取り組みが委員会で提案されることになると思う。


<会派みらいより>
 3月11日、東北、関東地方に甚大な被害をもたらした地震は、マグニチュード9.0と、我が国の観測史上最大の大地震でありました。
 特に、地震による大津波は、太平洋沿岸各地を襲い、瞬時のうちに多くの人命、家屋、財産を飲み込みました。おびただしい犠牲者と失われた建物の数等、その惨状は言語を絶する、まさに未曾有の大惨事であります。いまだに安否確認のできない多くの方々や不自由な避難生活を強いられている方々が各地に及ぶなど、私たちがかつて経験したことのない広域大震災であります。
 加えて、地震による影響から、原子力発電所が深刻な状態に陥り、多くの住民が放射能の恐怖にさらされるなか、避難生活を余儀なくされています。また、電力の不足から計画停電の実施にいたるなど、国民生活に多大な影響が及んでいます。
 被災地では、国を挙げての救出救援活動が続き、伊賀地域からも多くの援助隊等が出動し、懸命な活動を続けています。行方不明者の一刻も早い救出と避難生活の早期の安定を願うものであります。
 会派みらいは、亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈りし、ご遺族や被災された皆様に衷心からのお見舞いを申し上げます。そして、被災者の生活の安寧と一日も早い復興を願い、そのための支援を惜しまないことを表明します。

平成23年3月15日

/span>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/219-7fe2e62f

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR