FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-03-07 [ Mon ]
テーマ:名張の産業活性化

新聞によると3月 2日
 名張市が同市希央台の市有地にディスカウントスーパー誘致を進めている問題で、名張市中町の商店主で組織する中町商栄会(角田勝会長)はこのほど、名張地区まちづくり推進協議会(多田昭太郎会長)に対して、「(同スーパーの進出により)旧町の空洞化がさらに加速する」と誘致反対に協力を求める文書を提出した。
 文書よると、「空き店舗、廃業者、空洞化により、住民が(旧町から)流出。この地に根差した文化、伝統が破壊され、商店街と住民の交流が失われる」とした上で、①大型店、スーパー間の競争が激化し、ジャスコの撤退が考えられる②商店、小売業の所得減による市税の減収になる―などの誘致反対理由を述べ、最後に「私たちは商人の生き残るためだけではなく、高齢化社会のなか、地元の住民と交流を含む町づくりの視点から反対しています」と結んでいる。
 
 同商栄会はすでに市と市議会に対して、誘致反対の要望書を提出している。

それを受けて、名張地区まちづくり推進協議会は、3月7日朝

名張市が同市希央台の市有地にディスカウントスーパー誘致を進めている問題で、名張地区まちづくり推進協議会(多田昭太郎会長)は3月7日朝、スーパー出店の撤回を求める意見書を、亀井利克市長と柳生大輔市議会議長に手渡した。これまで商業団体による反対要望書は提出されているが、住民団体によるものは初めて。
 
 同協議会は旧町19区の住民約120人で組織されており、住民の意見を聞きながら町づくりを進める団体で、事務局は名張公民館内にある。さる3月1日に中町商栄会(角田勝会長)から「ディスカウントスーパー誘致反対の協力を求める要望書」が同協議会に寄せられたことから、同4日夜に役員13人が出席し協議、断固反対を全会一致で決議したという。
 提出された意見書は、「全国的に見てもオーバーストアの町。市内の一等地に超有利な賃料で新しい店が出来れば、既存店の苦戦は必至。元町からイオン(ジャスコ)が撤退となったら、高齢者の多い名張地区は買物難民が溢れることになるのは明らか」とした上、同協議会が昨年8、9月に実施した住民意識調査結果を引用し、「地区住民の住み心地良さの理由は、自然の豊かさとともに『買物が便利』が断トツの1位でした。この地区の最大の特長が(ディスカウントスーパーの進出より)壊され、魅力を失った町の空き家が増えると、協議会の手に負えなくなる」としている。
 この日は多田会長ら協議会役員4人が市長室などを訪れ、「町壊しはやめてください」と市長に訴えた。これに対して、亀井市長は「市有地であれば地産地消やイベントなどをしてもらうようコントロール出来るが、民有地に(スーパーが)進出して来た場合はコントロールが利かなくなる。しかし、1、2週間のなかでぎりぎりの決断をしなければならない。もう少し勉強をさせてほしい」と明言を避けた。

 また、市議会は、3月7日の一般質問で石井議員より、この問題について市長に答弁を迫り、市長は「この3月議会中に全議員に案を示し解決したい」と述べた。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/209-e2e30c81

 | HOME | 

2019-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR