FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-02-27 [ Sun ]
テーマ:市民の生活

 先日、日本のGDP(名目国内総生産)が中国に抜かれ、世界第3位に転落した報道がありました。高齢化と現役世代の人口減少は著しく、今までのような経済一本やりの状況ではなくなったことをあらわしていますね。海外では、経済に変わる指標を政策の参考にする国もあります。

 「幸福度」を測る指標として、内閣府から発表されているものとして、昨年4月27日、「国民生活選好度調査」の結果として新成長戦略の基本方針に「国民の幸福度や満足度をあらわす新たな指標」を取り込むと表記し、経済指標だけではかれない「幸福度」を示す指標づくりを進めている。 その結果は、

”日本人の「幸福度」は平均65点”

 「あなたはどの程度幸せですか」と尋ねたところ、平均は十段階評価で平均6.47点だった。7点以上をつけた人が全体の54%だった。「幸せ」と感じている割合は男性より女性の方が高く、高齢者で低くなる傾向があった。また、30歳代の幸福感がもっとも高く、特に10点中7点以上の幸福感があると答えた者の割合は61%。この傾向は年齢階層があがるにつれ低下し、70歳代は44%だった。

 同様の調査を行っている欧州28ヵ国の平均は6.9点。最高はデンマーク(8.4点)で、北欧の国々や、英国(7.4点)、フランス(7.1点)などが高い。日本は東欧諸国やロシア(6.0点)を上回ったが、主要各国を軒並み下回った。

7割が「健康が幸福に影響」 将来の年金制度には不安
 幸福感を判断する際に重視した事項は、(1)健康状態(69.7%)、(2)家族関係(66.4%)、(3)家計状況(65.4%)の順に多かった。
 政府が取り組むべき課題では「安心できる年金制度」が最高で69.2%。「安心して子どもを育てられる社会」(64.9%)、「雇用や居住の安定」(48.1%)。「質の高い医療サービス」は4位で41.9%だった。

※調査は無作為抽出した全国の15歳以上80歳未満の4000人を対象に今年3月に実施、73%の2900人が回答したもの。

先般、名張高校生との交流で、前田副市長や職員より”やりがいとは”「市民の幸せのためにやることだ。」と応えてくれたが、市民の健康を守る「医療」、家計を守る「雇用」に全力で取り組む必要がある。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/198-0cb62fe7

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR