FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-01-21 [ Fri ]
テーマ:財政

 財政とは、国や自治体の予算の政策そのものです。3つの機能があります。①資源配分機能、②所得配分機能、③経済の安定化機能です。
 この国民生活に密接に関連する行政は、地方自治体(名張市)で実施されている。国と地方の役割分担によると、国41%、地方59%のうち、社会保障費関係 28.6%、公債費21.6%、教育費12.7%等ですが、皆さんの市、町、村で教育費が一般予算の13%ぐらい使って「将来の子どもたちのために」の役割を果たしていますか。(名張市では、9%強ですので、内容を精査して全国並みの予算拡大への議論が審議され成果をだせれば、先進教育都市も夢ではない。)

 ところで、この講師は、木幡浩(こはたひろし)先生です。自治省から徳島市、長崎県、香川県などに出向され、財政部長などを歴任し現場を熟知しているとのこと。資料は、132Pものです。

 <今回の研修で、今後勉強を積み重ねていきたい項目>
1.国と地方の役割分担
2.自治体財政の自主財源
3.債務負担行為
4.予算の執行(特に工事請負契約、補助金交付、委託等の相手方への調査権などや出資法人等の調査権・措置の求め等
5.予算審議の工夫→予算特別委員会
6.予算公開について(特に住民との情報共有の工夫など)
7.議決対象の借金/予算の流用
8.監査委員の審査
9.基礎的財政収支(プライマリーバランス)
10.財政運営のガバナンス(議会基本条例は、執行部の意見や住民の視点も必要)
11.政策マネジメント
12.歳入(地方交付税、国庫支出金、地域自主戦略交付金、地方債など)
13.歳出(予算の視点を6項目、ブラックボックスへの5つのチェック)など

<課題の事項>
1.市議会で、事業仕分けができるためには、どうすればいいか。
2.財政判断資料(絶対的水準での診断、全国平均と比較、伊賀市などの近隣地域や三重県の各市との比較)
3.3セク等を含む全体・個別の財政・経営状況の把握や将来見通しに立った状況把握が必要なこと。
4.人件費改革の方策まど

<これからの財政運営>
1.持続的な住民福祉の最大化
2.市長の先見性と明確な方針、身の丈経営
3.住民・市議会による規律付けと地域でのチェックシステム
4.住民との情報共有の質の向上
5.自治意識が向上する政策展開
6.総合計画等を核とした統合的・戦略的な政策推進
7.あるものを生かす政策の積極推進
8.自治体の経営力・生産性の向上

以上、項目のみ掲げたが、まずは、この点を1つ1つ執行部や先輩議員とも確認しながらマスターしていきたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/165-feb189b1

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR