FC2ブログ

 ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

2011-01-11 [ Tue ]
テーマ:市議会と議員の役割、地域活性化

 1月11日と12日、JIAM第2回市町村議員セミナーに行ってまいりました。応募350人中 250名の出席者で2日間の研修を行いました。内容については、下記の通りです。

1.地域主権改革の動向と自治体議会・議員の役割についての要約
①地域主権改革の動向について
 まず、地域に主権があるのは、誤解であるということからスタートした。主権者とは国民のことであり、正確には国民主権のことであり、地域主権関連3法案について、「地域主権改革」という言葉は、「地域の自主性と自立性を高めるための改革」に、また、「地域主権戦略会議」は「地域戦略会議」と「主権」という名を削除するようになりそうである。この法律は、2011年の次期通常国会での成立を目指すとのこと。

②自治体議会について
 議長の招集と専決処分については、現在の議会での招集権は、首長にある。2006年にこの招集権を議長にせよと国に働き掛けてきたが結局、自治法改正は、臨時会のみ招集を請求することができることになったのみである。今後、国では議会の招集権問題について法改正による是正処置をとることになろう。という話である。

③議員定数について
 今まであまりなかったような大胆な議会定数の削減を提案するようになってきた。例えば、名古屋市は75人⇒38人、防府市は27人⇒13人、大阪府112人⇒88人、大阪市89人⇒45人などであるが、大幅削減や半減は市民に分かりやすく、議会・議員に漠然とした不満・批判・反感を抱いている住民の共感を呼んでいる。
 まず、自治法で決められている法定上限の撤廃を行い、都道府議会も市町村議会も、その議員定数は、「条例で決める」ことにすれば、国(自治法)の指図は受けないということになる。
 そうすれば、人口規模を考慮しなくてもよくなるので、合議体としての人数を決めればよいことになる。例えば、最少定数は4人となろうが、この点では公選職としての議員という発想に立って、議会活動と定数と報酬について、本格的な検討を行い、一定の方向を打ち出す必要がある。他市では、会津若松市のように「委員会中心主義および議員間討議を前提とした現実的な議員定数モデルが提示されている」。
 全国の自治体議会が、それぞれに定数・活動・報酬を3点セットにして本格検討を求められている。

2.地域活性化の動向については、各地の魅力的なまちづくりの取り組み事例を学んだ。
①青森県の大鰐町
②熊本県の人吉市
そのほか慶応義塾大学の全国の取り組み4例や農林省の全国の10数例の代表事例などを市町村議員にわかりやくし説明してくれた。
 このような事例は、NPOや市民活動団体のセミナーで何度も聞いているものであるが、このような議員に説明することは非常にいい試みであると思った。
 しかし、この中の事例すべてが住民を主体的に取り組んでいるものであり、行政がどのような仕組みを作ったとかフォローをしたといったことがないものである。ですから議員としてどのように地域活性化を行政に提案していけるかについては、今後のセミナーに期待したいものである。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/152-be392d2c

 | HOME | 

2019-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR