ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-08-31 [ Sun ]
南海トラフを震源とする大規模地震などを想定し、名張市がこのほど策定した「避難所開設・運用マニュアル」の周知、運用を進めたいとして、同市は8月30と31日の2日間、市内15の地域づくり組織の代表者などに向けた避難所の開設説明会を同丸之内の名張小学校体育館で開いた。実際の開設や11月3日に市内一斉に行う防災訓練で活用できる地域ごとのマニュアル制作に役立ててもらうという。
 2012年8月に制作した「避難所開設・運営初動マニュアル」を用いた昨年9月の防災訓練時に市民から「使いづらい」との指摘を受け新しく策定したもの。今回策定したマニュアルでは、避難所の開設準備から運営初期、本格運営の3つの段階ごとにそれぞれチェックシートを設け、実際の開設、運営時に使用できるよう工夫した。
 説明会は15地区を2分し、2日間に分けて開催。初日となるこの日は名張地区や鴻之台希央台地域、美旗地域など7地域から約70人が参加。IMG_20140831_163343437.jpg

二日目は、百合が丘地域、つつじが丘地域、桔梗が丘地域なから約70人が参加した。これには、みえ防災コーディネーター連絡会名張支部の支部員11人と県防災対策部の職員から、マニュアルの運用法や避難所開設時の動きなどのレクチャーを受けた。
 体育館内には段ボールでの簡易の住居区や運動マットと毛布を使ったベッドなどを備えた救護スペース、トイレなどを設置しており、講師は実際の使用法や設置場所についての注意点を説明。参加者からは「簡易トイレの設置場所などはどんなことに配慮すべきか」「不足設備や物資の代替案の具体例を教えてほしい」などの質問が盛んに飛び交った。
 県防災対策部の加藤清さんは「実際に避難所を開設するといろんな課題が出てくる。地域ごと、避難所ごとにあったマニュアルを作り、役割分担をしっかりして行動をとってほしい」と話した。(
ユーより)2014083111390000.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1497-7d657f46

 | HOME | 

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。