ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-02-22 [ Sat ]

「私たちは自治の担い手 だから協働のまちを」  一月中旬号は、岡山県内市町村を対象とした「協働環境調査」から新見市と類似人口規模市の結果を掲載した。類似の市は、県下の人口3万から5万人の9市の平均値、全国10万人以下の市町村の平均値を指す。  6点満点で数値化し、新見市の協働環境は1.26で、県下9市の平均値の1.42、さらに全国10万人以下市町村の平均1.67を下回った。調査は、協働のしくみづくりとそのしくみの活用促進などを目的にする。  細部の評点から新見市は、まちづくり基本条例を制定し、協働のまちづくりを謳いながら、理念の普及や学びあいに乏しく、十分にしくみ化されておらず、活用に課題のあることを浮き彫りにした。「仏作って魂入れず」の観が強い。  協働は、さまざまな組織や団体(多様な主体)が互いを尊重し、良さや能力を生かしあい、目標を共有して課題解決に取り組み、成果を共有することを言う。協働のためには、①目的共有の原則、②対等の原則、③相互理解の原則、④情報公開の原則、⑤機会平等の原則、がある。  「なぜ協働を大々的に取り上げるのか」と訝る。協働は自治だと思っている。自らのまちという「主体」と、周囲やまち全体のことを考え行動する「客体」の2つの心を持った人々が、自分の住むまちをより良くするため、地域のことを自ら判断決定し、その結果に責任を持つ「地域主権」を前提にしている。  まちを良くするために参画することは当たり前であり、ましてや、市民の公益的活動は領域を広げ、行政だけが公共を担う時代でもない。少子高齢化や人口減少に伴う諸課題の解決など、多様化する住民の要望は、行政だけで対応することにも限界がある。  ボランティア・NPO団体や地域コミュニティや企業と行政が、それぞれの強みを生かし、住民主体のまちづくりやより良いサービスを提供する。自治体は税金で成り立っている。主権者は納税する市民だ。  まちは今、総力を結集して難局に立ち向かう時にある。だからこそ、自治・協働の旗を振りたい。 仲田さん、本当にありがとうございます。 共感していただける方は、ぜひ、この記事をシェアしたり、ご紹介いただけると幸甚です。 あなたの地域にも、自治や協働を理解し、旗を振ってくださるメディアが増えることを祈ります。

「私たちは自治の担い手 だから協働のまちを」20140222121335884.png

 一月中旬号は、岡山県内市町村を対象とした「協働環境調査」から新見市と類似人口規模市の結果を掲載した。類似の市は、県下の人口3万から5万人の9市の平均値、全国10万人以下の市町村の平均値を指す。
 6点満点で数値化し、新見市の協働環境は1.26で、県下9市の平均値の1.42、さらに全国10万人以下市町村の平均1.67を下回った。調査は、協働のしくみづくりとそのしくみの活用促進などを目的にする。
 細部の評点から新見市は、まちづくり基本条例を制定し、協働のまちづくりを謳いながら、理念の普及や学びあいに乏しく、十分にしくみ化されておらず、活用に課題のあることを浮き彫りにした。「仏作って魂入れず」の観が強い。
 協働は、さまざまな組織や団体(多様な主体)が互いを尊重し、良さや能力を生かしあい、目標を共有して課題解決に取り組み、成果を共有することを言う。協働のためには、①目的共有の原則、②対等の原則、③相互理解の原則、④情報公開の原則、⑤機会平等の原則、がある。
 「なぜ協働を大々的に取り上げるのか」と訝る。協働は自治だと思っている。自らのまちという「主体」と、周囲やまち全体のことを考え行動する「客体」の2つの心を持った人々が、自分の住むまちをより良くするため、地域のことを自ら判断決定し、その結果に責任を持つ「地域主権」を前提にしている。
 まちを良くするために参画することは当たり前であり、ましてや、市民の公益的活動は領域を広げ、行政だけが公共を担う時代でもない。少子高齢化や人口減少に伴う諸課題の解決など、多様化する住民の要望は、行政だけで対応することにも限界がある。
 ボランティア・NPO団体や地域コミュニティや企業と行政が、それぞれの強みを生かし、住民主体のまちづくりやより良いサービスを提供する。自治体は税金で成り立っている。主権者は納税する市民だ。
 まちは今、総力を結集して難局に立ち向かう時にある。だからこそ、自治・協働の旗を振りたい。


仲田さん、本当にありがとうございます。
共感していただける方は、ぜひ、この記事をシェアしたり、ご紹介いただけると幸甚です。
あなたの地域にも、自治や協働を理解し、旗を振ってくださるメディアが増えることを祈ります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1468-e0087548

 | HOME | 

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。