ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-02-16 [ Sun ]

span style="font-size:large;">news05.jpg
【PFI方式の導入を含めた事業改革が検討されている市立図書館=松阪市川井町で】

 伊勢新聞によると『松阪市の図書館改革事業が新年度から本格化する。指定管理者の契約満了をきっかけとするもので、市は手始めとして今月中にもPFI方式の導入可能性調査を担当する業者を選定し、改革の方向性を探る方針だ。

 市立図書館(川井町)と嬉野図書館(嬉野町)は、市が平成二十一年度に導入した指定管理者制度により、年一億一千五百万円の委託費を受けて、図書館流通センター(=TRC・東京都文京区)が運営している。

 平成十一年の建築で比較的新しい嬉野に対し、市立図書館は昭和六十二年の設立と古く、またトイレや階段などのバリアフリー化や閲覧コーナーの拡充などが課題となっている。

 五年契約の指定管理委託が今年三月末で終了するため、山中光茂市長は昨年四月の定例会見で、両図書館の改革に取り組むと発表。これまで民間任せだった図書館事業に、行政の関与を強めていく方針を示した。

    ■  ■
 PFIは、プライベート・ファイナンス・イニシアチブの略で、公共施設などの建設、維持管理、運営を民間の資金や経営、技術的能力を活用して実施する手法。事業コストの削減や民間ならではの発想を生かした質の高い公共サービスの提供が最大の利点だ。

 桑名市は平成十六年十月、全国で初めてのPFI方式を導入した図書館をスタートさせた。「メディアライブ」と呼ぶ同施設は、一階に多目的ホール、二階に保健センターと勤労青少年ホーム事務局を置き、三、四階を図書館とした複合施設で、設計から運営までを松阪市と同じくTRCが請け負った。開館三十年後には市に所有権が引き渡される予定という。

 近鉄桑名駅から約八百メートルの好立地に加え、施設の広さも以前の施設に比べて約三倍となった。市にとっては年間の償却費負担はあるものの、建設時の持ち出しを民間に負担してもらうことで、結果的に財政支出が平準化され、三十年間で約六億五千万円の財政削減効果が期待できるという。

 民間ならではのサービスにも注目が集まった。本にICタグを取り付けることで、自動貸し出しが可能になったほか、職員の負担や紛失軽減につながった。機械の操作一つで一階の閉架書庫から好きな本を取り寄せることのできる「自動化書庫」は、利用者の待ち時間軽減に一役買った。開館時間も延長され、二十四年度の入館者数はPFI以前の倍以上に当たる六十万人、貸し出し利用者数も七万人から十八万人に増えたという。

 同館の伊藤恭二館長補佐(57)は、「利用者数を維持するためにも継続した努力は必要。後発でこだわりの図書館も出てくる中で、既存のものとの差別化も課題になる」と話す。民間とのバランス感覚を備えた職員の育成や、長期契約に伴う変化への対応、検証の場の確保の必要性を指摘する。

    ■  ■
 山中市長も内覧会に参加したという佐賀県武雄市立図書館の事例では、蔦谷書店やスターバックスコーヒーの併設が、多くの関心を集めた。これまで図書館を利用したことのない層への呼び掛けに成功する一方で、ポイントカードや陳列方法、既存書店とのすみ分けなどが課題視されている。

 松阪市立図書館の宮田和裕館長(60)は、「単純な数字の比較ではなく、その場所と住民に合わせた施設が必要。松阪は例えば全域サービスの充実などニーズをうまく選択できれば良い図書館になる」と話した。

 市は昨年十一月の補正予算で、PFIを前提とした民間手法導入可能性調査費用に八百万円を計上。今月中にも業者を選定し、今後は新年度内に市民の意見を反映させた新図書館の基本計画を策定、二十八年度中に工事着手し、二十九年度秋の完成を目指す構えだ。

 昨年は庁内プロジェクトを中心に計九回の会合と二回のシンポジウムを開いて協議してきた。今月十二日には、市民公開を前提とした業者選定プレゼンテーションが開かれたが、肝心の資料は非公開とされるなど残念ながら十分な公開とは言えなかった。

 図書館で絵本読み聞かせを中心に活動するボランティア団体「松阪おはなしキャラバン」は昨年秋ごろから、メンバー間で新図書館への要望について話し合いを始めたという。

 代表の山本昭代さん(72)は、「どうなるのか不安もある。小規模なもの(集会など)で思いの丈を伝えられる場があれば」と話す。市民のための改革を目指す以上、十分な情報公開と意見交換の場は必要だ。』

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1466-9364a6cb

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。