ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-12 [ Wed ]
テーマ:風疹のワクチン予防接種
imagesb.jpg

全国で流行になっている風疹の予防対策について、三重県や各市が助成について発表しているのでまとめた。
名張市の考え方は、この一般質問で2人の議員が質問するので、公式に発表となる予定。

1.三重県
風疹予防接種に5000万円 6月補正案をこの14日に上程
 流行が拡大している風疹の予防ワクチン接種への助成について、対象は妊娠を予定、希望する女性や、妊婦の夫やその家族について、今月1日以降の接種費用を補助、その2分の1を県と市町が折半する計画で、事業費は5000万円程度を見込む。鈴木英敬知事は十日のぶら下がり会見で、追加提案する補正予算案では約五千万円を計上していると明かした。また「数日内に上程させていただきたい」と、近日中に県議会へ提出する意向を示した。

2.伊賀市
5月30日、風疹予防ワクチンの接種費用を補助すると発表した。補助額は4000円。対象は1990年4月1日以前生まれの女性とその夫や同居家族など(家族のみ50歳以下)。補正予算案が6月の市議定例会で成立後から9月30日までの間、実施予定。
 希望者は、市健康福祉部(ハイトピア伊賀)や市の各支所で、対象者であると確認されると発行される「助成券」を持って実施医療機関に行き、ワクチン接種を受ける。妊娠中は接種できない。
 市によると、風疹の混合ワクチンは8000円〜1万円でほぼ半額助成になる。風疹単体ワクチンは4000円、5000円程度だが、生産が少なく相当期間、待たなければならないという。
 県内の風疹患者は、2011年7人から12年61人と増え、今年もこれまでに49人(うち伊賀市在住は4人)が報告されている。市は「この急増から緊急実施を決めた。流行によっては実施を延長する」としている。

3.いなべ市
6月7日、全国的に流行している風疹の予防接種を受けた市民への助成制度を七月初めをめどに始める、と発表した。県薬務感染症対策課によると、県内の市町では伊賀市に次いで二市目。
 いなべ市は、制度開始後に予防接種を受けた市民のうち、妊娠を予定または希望している女性か妊婦の夫を対象に助成。予防接種には八千~一万円の費用がかかるとされており、助成額は五千円程度を考えているという。
 市は予算の算定作業を進めている。当面は現行の予防接種助成関連予算でやりくりし、補正予算で風疹関係を計上して九月市議会に提出する予定。

4.松阪市
山中光茂市長は7日、7月から接種費用として1人2500円を助成すると発表した。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1419-2f51ba4c

 | HOME | 

2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。