ゆきまつ孝太郎活動報告〔無所属〕

名張市議会議員【2期目】 教育民生委員長

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-26 [ Sun ]
テーマ:伊賀広域防災拠点

 本日は、三重県、伊賀市、名張市が主催する広域防災訓練が伊賀広域防災拠点でありましたので、参加してきました。P5260127.jpg

 本日の訓練は、三重県知事、伊賀市長、名張市長をはじめ、多数の関係者や地域の皆様のご協力により、日差しの強い炎天下の中ですが大規模な防災訓練が実施されました。

鈴木知事の開所式挨拶にもありましたが、”いつ来るか、分からない災害ですが、いつかは必ず来る災害”という気持ちで日頃から地域づくり組織や自治協議会の関係者などの連携を大切に努めて行きたいものです。

 今回の平成25年度伊賀広域防災拠点活動訓練は、広域的な災害が発生した場合、後方支援活動を主体とした災害応急対策活動を迅速かつ的確に実施するため、防災関係機関等相互の連携を強化しつつ、円滑な活動に資することを目的に訓練を実施しました。

1 日時
   平成25年5月26日(日)9時00分~12時00分  
2 場所
   伊賀広域防災拠点(県立上野農業高等学校跡地)伊賀市荒木1856番地
3 主 催
   三重県、伊賀市、名張市
4 広域防災拠点の役割と機能
   伊賀広域防災拠点の役割と機能は、次のとおりです。
    役割:後方支援活動、伊賀地域での活動や支援
    機能:(1)空輸機能、(2)物資集配・保管機能、(3)応援要員受入機能、(4)情報通信・連絡調整機能
5 訓練及び見学会内容
   訓練内容
    (1)医療搬送等(重篤患者、医療資機材等)の支援訓練、人員、物資等の輸送訓練
    (2)県外から救援物資の受入れと配分、保管訓練
    (3)活動部隊の受入、活動の支援訓練
    (4)支援情報の収集及び活動部隊への提供訓練
    (5)孤立地区における救援活動
   見学会内容
    (1)施設内見学説明、資機材展示(人命救助資機材等)
    (2)地震体験、訓練参加ヘリコプターの展示、防災関係車両展示等
6 訓練参加機関 
   陸上自衛隊第33普通科連隊、陸上自衛隊第10飛行隊、陸上自衛隊明野航空学校、海上自衛隊横須
  賀地方総監部、海上自衛隊第21航空群第23航空隊、第四管区海上保安本部、中部空港海上保安航空
  基地、三重県警察、緊急消防援助隊滋賀県隊、三重県内消防相互応援隊、伊賀市消防本部、名張市消防
  本部、伊賀市消防団、名張市消防団、一般社団法人三重県トラック協会、矢持住民自治協議会、国津地
  区地域づくり委員会、滋賀県、奈良県、伊賀市、名張市、三重県  合計22機関

※三重県広域防災拠点の整備について
1.「広域防災拠点」とは?
被災市町のみでは対応できないような大規模な災害が発生した場合、県が市町に対する支援活動を行うことが想定されます。
こうした災害時の応急対策活動を迅速かつ的確に実施するためには、広域的な活動拠点を平常時から確保することが必要となります。また、災害時以外の平常時には、防災知識の普及啓発や防災訓練等に利用することにより、総合的な防災対策の推進及び防災体制の整備を図っていく上で、施設をより有効に活用することが可能となります。

「広域防災拠点」とは、災害発生時の活動拠点としての機能及び平常時の防災活動を備えた施設です。
 
2.三重県における広域防災拠点の配置
・平成8年度に実施した「三重県広域防災拠点施設基本構想調査」では、平成7~8年度に実施した「三重県地域防災計画被害想定調査」により設定される被災パターンに対応できること。
・地理的条件・気象条件等による孤立化に対応できること。
・災害時、ヘリコプターによって効果的に全県域をカバーできること。
の3つの要件を設定し、県内における広域防災拠点の配置を検討した結果、県内5箇所(『北勢』・『中勢』・『伊勢志摩』・『伊賀』・『東紀州』)に整備を行うことが最適であるとされました。現在は、北勢が計画中でできておりません。
※ 東紀州 : 紀南、紀北にそれぞれ配置

3.広域防災拠点の整備
平成8年度 基本構想調査
平成9年度 三重県広域防災拠点施設整備実施計画策定調査
平成11~13年度 中勢拠点整備
〔県消防学校(鈴鹿市石薬師町地内)サブグラウンド〕ヘリポート・備蓄倉庫
平成17~18年度 東紀州(紀北)拠点整備
〔旧尾鷲工業高校(尾鷲市光が丘地内)グラウンド〕ヘリポート
平成17~19年度 東紀州(紀南)拠点整備
〔熊野市久生屋町地内〕ヘリポート・備蓄倉庫
平成22~24年度 伊賀拠点整備
〔旧上野農業高校跡地(伊賀市荒木地内)〕ヘリポート・備蓄倉庫 ・・・平成25年3月に完成したもので広さは約3.2haです。
平成12~23年度 各拠点備蓄資機材(発電機・投光機・簡易トイレ・担架・防水シート)整備

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ctj07146.blog33.fc2.com/tb.php/1412-bd5b5109

 | HOME | 

2017-08

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ゆきまつ

Author:ゆきまつ
幸松(ゆきまつ) 
   孝太郎(こうたろう) 
65歳
住所:名張市百合が丘西2ー86
職業:名張市議会議員(無所属)
家族:妻、二男一女の5人家族
座右の銘:
”Mastery for Service
(奉仕のための練達)”
「”社会の中で輝いた生き方”をするために!」

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。